専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【セ・リーグ開幕展望】藤浪晋太郎、佐藤輝明を擁する阪神は開幕ダッシュなるか。中日・根尾昂にも注目〈SLUGGER〉

氏原英明

2021.03.26

初の開幕投手を担う藤浪(右)はどんなピッチングを見せるか。6番を務めることが濃厚な新人大砲・佐藤(左)のデビューにも注目だ。写真:山手琢也

初の開幕投手を担う藤浪(右)はどんなピッチングを見せるか。6番を務めることが濃厚な新人大砲・佐藤(左)のデビューにも注目だ。写真:山手琢也

●巨人-DeNA(東京ドーム)
開幕投手:菅野智之-濵口遥大

 リーグ3連覇を狙う巨人はもちろん大エースの菅野でスタートする。4年連続の開幕投手となるが、メジャー移籍を先送りした今年は、これまで以上に絶対的なピッチングを見せたいところ。投球フォームを変えて臨んだ昨年は開幕12連勝したが、結果ほどの圧倒的な内容だったわけではない。今季は内容も充実させたい。

 打線は移籍1年目の梶谷隆幸が昨季の活躍を継続できるか注目したい。また、昨季の日本シリーズで意地を見せた若林晃弘がオープン戦も引き続き好調で、開幕スタメンに名を連ねるのも大きい。中軸には坂本勇人、岡本和真、丸佳浩が君臨しているだけに、1、2番の活躍がチーム力を一気に引き出してくれるはずだ。

 DeNAは濱口が初の開幕投手を務める。三浦大輔新監督の船出に託されたサウスポーが巨人打線をどう料理していくか。昨季まで同僚だった梶谷、昨季2本塁打を浴びた丸の左打者2人をどう抑えるかがカギになる。
 打線は外国人選手の来日が遅れ、フレッシュなメンバーで開幕戦に挑む。巻き返しを図る桑原将志、一軍定着を目指す関根大気、そして新人王候補にも挙げられる牧秀悟がこのチャンスをどう生かすか注目だ。

●ヤクルト-阪神(神宮球場)
開幕投手:小川泰弘-藤浪晋太郎

 ヤクルトの小川は2年ぶりの開幕位投手。昨季は8月15日のDeNA戦でノーヒッターを達成しながらも、防御率は4.61で、被安打、被本塁打ともリーグワースト。今季はピリッとした投球を見せてほしい。リリーフ陣は石山泰稚、昨季最優秀中継ぎのタイトルを獲得した清水昇がいるだけに、先発投手がどれだけ踏ん張れるかが重要になる。

 打線は開幕が危ぶまれた山田哲人が間に合いそうだ。テーブルセッターの坂口智隆、青木宣親に山田、若き主砲の村上宗隆、両リーグで首位打者に輝いた内川聖一とバランスが取れている。ただ、打線の高齢化はやや危惧されるところ。シーズン全体を考えると、バックアップメンバーの充実が重要になってくるだろう。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング