専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【センバツ】ついに4強出揃う!天理はエース達が「0点です」と猛省も力投で貢献。中京大中京は“剛腕”畔柳が圧巻の完封

THE DIGEST編集部

2021.03.29

達(右)と畔柳(左)の両右腕の快投が、ベスト4進出が懸かった大会の熱戦を大いに盛り上げた。 写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

達(右)と畔柳(左)の両右腕の快投が、ベスト4進出が懸かった大会の熱戦を大いに盛り上げた。 写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

 第93回選抜高校野球大会(センバツ)は3月29日、甲子園球場で準々決勝の4試合が開催され、天理(奈良)、東海大相模(神奈川)、明豊(大分)、中京大中京(愛知)がそれぞれベスト4進出を決めた。

 第1試合は、天理打線が猛打をふるった。2-2で迎えた4回裏、政所蒼太(3年)のタイムリーヒットなどで一挙に4点を勝ち越すと、5回裏と6回裏にそれぞれ2点ずつを加点。投げてはエースの達孝太(3年)が「今日はもう0点です。全然良くない」としながらも8回3失点の力投で、東北勢初の全国制覇を狙った仙台育英打線を抑えた。

 第2試合は初回から東海大相模が攻勢を強める。2点を先制して迎えた2回表に指揮官の次男である門馬功(3年)の2ランホームランなどで一挙に4点を追加して福岡大大濠を突き放す。

 序盤から優位に立った神奈川の雄は、門馬敬治監督が「非常に安定感があった」と褒めたエースの石田隼都(3年)が9回14奪三振の快投。強打の福岡大大濠打線をシャットアウトした東海大相模は3年ぶりの4強入りを決めた。
 
 第3試合は初回の“先制パンチ”が試合を決定付けた。1回表に幸修也(3年)の先頭打者ホームランで先手を取った明豊は、4番黒木日向(3年)の二打席連続タイムリーなどで5回までに5点をリードする。その後、智弁学園に11安打を打たれて8回までに2点差までに追い上げられるも、京本真(3年)、太田虎次郎(3年)、財原光優(3年)による継投策で逃げ切った。

 第4試合も序盤の得点がゲームの行方を決めた。1回表に3点をもぎ取り、5回までに3点を追加した中京大中京は、この大きなリードをエースの畔柳亨丞(3年)を中心とした堅守で保つ。中1日でマウンドに上がった大会屈指の剛腕は9回を2安打に抑える圧巻のピッチングで、一矢報いようとする東海大菅生打線につけ入る隙を与えなかった。結局、危なげなくリードを保った愛知の名門は、24年ぶりとなるベスト4へ歩みを進めた。

■3月29日に行なわれた準々決勝の結果■
天理(奈良) 10-3 仙台育英(宮城)
東海大相模(東京) 8-0 福岡大大濠(福岡)
明豊(大分) 6-4 智弁学園(奈良)
中京大中京(愛知) 6-0 東海大菅生(東京)

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング