専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「相手打者にI'm sorry」大谷翔平の“弾丸ライナーキャッチ”にMLB公式も大興奮!「ジョーダンのように微笑み」

THE DIGEST編集部

2021.05.06

3回に生まれた好プレー後に、笑顔で言葉を交わす大谷(左)とメドウズ(右)。(C)Getty Images

3回に生まれた好プレー後に、笑顔で言葉を交わす大谷(左)とメドウズ(右)。(C)Getty Images

 今度は華麗なグラブさばきで魅せた。

【動画】大谷翔平が151キロの弾丸ライナーを“お手玉キャッチ”!実際の映像をチェック

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地5月5日、本拠地で行なわれたタンパベイ・レイズ戦に“投手専念”で先発登板。チームは1-3で敗れたものの、6回途中で被安打1無失点、6四球、7奪三振の好投を披露した。

 この日の大きな見せ場となったのは、3回1アウトの場面。オースティン・メドウズと対峙した大谷は、その初球を打たれ、93.8マイル(約151キロ)の強烈なピッチャー返しに遭った。しかし、これをグラブではじくと、浮き上がった打球を素手でキャッチ。一塁へ走りかけていたメドウズへに右手を差し伸べながら、笑顔を浮かべて言葉を交わした。
 
 メジャー4年目の26歳が見せたファインプレーに、MLB公式サイトは「オオタニがライナーを笑い飛ばす」との見出しで記事を掲載。このときの状況について、「ベースラインでメドウズと交わると、オオタニはマイケル・ジョーダンのように肩をすくめ、“I'm sorry”と微笑んだ」と言及している。

 前日にはメジャーリーグトップタイに並ぶ特大の9号ホームランを放つなど、投打にわたって傑出した好調ぶりを見せており、同サイトは「そう、皆さん。彼はすべてをこなすことができる。謝罪の必要はありません、ショウヘイ」と締めくくった。

 この日は勝利投手の権利を手にして降板したが、救援陣が打たれて2勝目はお預け。開幕から様々な話題を振りまいている大谷だが、はたして今後はどんな活躍を見せてくれるのか。その一挙手一投足から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】大谷翔平が151キロの弾丸ライナーを“お手玉キャッチ”!実際の映像をチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング