専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「“バンビーノ”の再臨だ!」MLBの歴史を塗り替え続ける大谷翔平に韓国メディアも熱狂「今年のオオタニは別格」

THE DIGEST編集部

2021.05.08

投打で存在感を放っている大谷のパフォーマンスに世界が注目し続けている。(C)Getty Images

投打で存在感を放っている大谷のパフォーマンスに世界が注目し続けている。(C)Getty Images

 手応え十分の一発が飛び出した。現地5月6日、本拠地で行なわれたタンパベイ・レイズ戦に「2番・DH」で先発出場したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、3回裏の第2打席に両リーグトップタイとなる今季10号のツーランホームランを放った。

 またも“野球の神様”の大記録を呼び起こした。今季の対戦打率が.182と“カモ”にされてきた相手左腕ジョシュ・フレミングとのマッチアップだったが、大谷はインコースに食い込んできた初球をフルスイング。あっという間に右中間スタンドへ消えた打球は、飛距離428フィート(約130m)、打球初速107.6マイル(約173キロ)の特大10号となった。

 あの“野球の神様”ベーブ・ルースが、1918年(11本塁打+43奪三振)と翌19年(29本塁打+30奪三振)に達成した単一シーズンでの「10本塁打+30奪三振」の複数回記録という偉業に並んだ大谷。先発登板の翌日という疲れ知らずの活躍には賛辞が相次いでいる。

 その一挙手一投足はお隣の韓国でもフィーバー状態だ。韓国紙『朝鮮日報』は、「メジャーリーグの伝説“バンビーノ”の再臨だ」と大谷を褒めちぎった。

【動画】敵将たちも脱帽する驚異の打球! 大谷翔平の両リーグトップの圧巻HRはこちら

「チームは3-8という逆転負けを喫したが、オオタニ個人はメジャーリーグの歴史に新たな1ページを刻む歴史的な日を贈った。彼は“バンビーノ”ことベーブ・ルースに並ぶ記録を残し続け、野球の神の名を頻繁に呼び起こし、再臨させ続けている」

 さらに韓国メディア『OSEN』は、「今年のオオタニは別格だ。投手と打者の両方で活躍の幅を広げている」とハイパフォーマンスを絶賛。そのうえで「今や彼がマウンドに立つか、打席に立つたびに、様々な記録や記憶に彩られたメジャーリーグの歴史の本は厚みを増している」と書き記した。

 同メディアが指摘する通り、ワンプレーごとに新たな記録を生み出している感もある大谷。その異彩に世界が熱視線を送っているのは言うまでもない。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】敵将たちも脱帽する驚異の打球! 大谷翔平の両リーグトップの圧巻HRはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング