専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「スタットキャストにガッカリだ」大谷翔平の“キャリア最長”特大17号に現地識者も驚愕!「説明不可能な距離を…」

THE DIGEST編集部

2021.06.09

特大2ランを含む、今季16度目のマルチ安打を記録した大谷。(C)Getty Images

特大2ランを含む、今季16度目のマルチ安打を記録した大谷。(C)Getty Images

 現地時間6月8日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平がカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。今季17号となる特大の2ランホームランを放つ活躍をみせ、チームは8-1で勝利した。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 初回の第1打席、無死一塁で左腕クリス・ブービッチと対峙した大谷は、カウント2-2からの6球目、真ん中に甘く入ったチェンジアップをジャストミート。センター後方へと舞い上がった打球は、自己最長の470フィート(約143.3メートル)という飛距離を記録した。

 3回に回ってきた第2打席では、カーブを捉え右中間を破る二塁打でチャンスメイクし、4番マックス・スタッシの左越え2ランでの追加点に貢献した大谷は、第3打席こそ三振に喫したが、7回の第4打席は四球で出塁。3打数2安打2打点、1四球1三振の活躍ぶりだった。

 エンジェルスの快勝劇もさることながら、やはり話題は大谷の特大アーチに集中する。『MLB.com』でデータ分析を担当するデビッド・アドラー氏は、「470フィートの特大弾を打ったオオタニが、シーズン序盤に打球速度119マイル(約191.5キロ)の強打を放ったのを思い出して! さらに彼の防御率は2.76でもある」と絶賛した。
 
 さらにエンジェルスのラジオ局でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は自身のTwitterで、470フィート以上に感じたと、スタットキャストの数字に異議を唱えている。

「実際に目で見た打球とスタットキャストの数字がかなり違って見えて少しガッカリだ。Twitter上で説明することは不可能で、そのボールは非常に激しく遠くまで飛んでいた。事実を確認をすると素晴らしいストーリーを台無しにしてしまう。470フィートは正しくない」

 現地見識者らも驚かせたホームラン。これでホームラン数は、再びアメリカン・リーグ2位に浮上した。驚異的な活躍をする26歳は、果たして、今シーズンどこまでの記録を残すのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部 

【動画】「非常に激しかった…」と大絶賛!自己最長の470フィートの特大17号はこちら
 
NEXT
PAGE
【動画】「非常に激しかった…」と大絶賛!自己最長の470フィートの特大17号はこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング