専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2021ドラフト候補ランキング30~21位】関西大学球界屈指の本格派左腕・黒原や北山、三浦と大学生好投手がずらり<SLUGGER>

西尾典文

2021.06.20

黒原(左)は小柄ながら力で押す投球が魅力。東京六大学通算10勝の三浦(右)は完成度の高さが光る。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)、産経新聞社

黒原(左)は小柄ながら力で押す投球が魅力。東京六大学通算10勝の三浦(右)は完成度の高さが光る。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)、産経新聞社

 アマチュア野球に精通した西尾典文氏が選定する2021年のドラフト候補ランキングの最新版をお届けする。年明け早々に公開した前回のランキングから約半年、コロナ禍で主要大会が次々と中止になった昨年とは異なり今年は各カテゴリーで多くの試合が行われており、この間に急浮上した候補も少なくない。6月13日に幕を閉じた全日本大学野球選手権の結果も踏まえた最新のランキングはどうなっているのか、ここでは31~20位を紹介しよう。

▼30位:桐敷拓馬[投手・新潟医療福祉大](前回順位:44位)
(きりしき・たくま/左投左打/本庄東高)
 関甲新リーグを代表するサウスポー。140キロ台中盤のストレートとスライダー、チェンジアップを武器に、この春もイニングを大きく上回る奪三振をマークした。奪三振が多い割に四死球も少なく、試合を作る能力も高い。秋の投球次第では一気に上位候補に浮上する可能性もあるだろう。
タイプ診断:#本格派サウスポー #無名校出身

▼29位:池田陵真[外野手・大阪桐蔭高](前回順位:17位)
(いけだ・りょうま/右投右打)
 高いレベルで三拍子揃った強打のセンター。選抜では初戦敗退を喫し、守備ではまずいプレーがあったものの、打撃では3安打を放って存在感を示した。上背はないがパンチ力は申し分なく、センター中心に鋭い打球を放つ。センターの守備と走塁面でもう少しレベルアップは必要だが、総合力の高さは高校球界屈指の存在だ。
タイプ診断:#右の強打者 #鋭い振り出し
▼28位:梶原昂希[外野手・神奈川大](前回順位:39位)
(かじわら・こうき/右投左打/大分雄城台高)
 神奈川リーグが誇る強打が魅力の大型外野手。1年秋に首位打者を獲得して以降は厳しいマークで成績を落としていたが、この春は復調して打率は3割を大きく超え、3本塁打を放つ活躍を見せた。確実性にはまだ課題が残るが、高い運動能力も備えており、スケールの大きい外野手として注目度は高い。
タイプ診断:#スケール大 #運動能力◎

▼27位:黒原拓未[投手・関西学院大](前回順位:48位)
(くろはら・たくみ/左投左打/智弁和歌山)
 関西大学球界を代表する本格派サウスポー。昨年秋は調子を落としていたがこの春は復調してMVP、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝いた。上背はないものの馬力は十分で、ストレートはコンスタントに145キロを超える。ブレーキのあるチェンジアップも面白い。タイプ的には短いイニングを球威で圧倒するリリーフの方が適性は高そうだ。
タイプ診断:#本格派サウスポー #躍動感

▼26位:赤星優志[投手・日本大](前回順位:圏外)
(あかほし・ゆうじ/右投右打/日大鶴ヶ丘高)
東都二部ながら注目を集める本格派右腕。この春は9試合に登板して防御率0点台とフル回転の活躍でチームを優勝に導いた。最速152キロの速球が大きく報じられるが、140キロ前半のツーシーム、カットボール、フォークの速い変化球が一級品。ここ一番でギアを上げられ、走者を背負ってから強いのも持ち味だ。
タイプ診断:#二部リーグ #動くボール
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング