専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ア・リーグ最高のチーム相手に好投!」大谷翔平、前半戦最後の登板で日米通算50勝達成!「無四球は本当に大きい」と現地記者も絶賛

SLUGGER編集部

2021.07.07

2点は失ったものの無四球と素晴らしいコントロールを見せた大谷。5回には味方の美技で逆転のピンチを切り抜けたこともあり、見事今季4勝目を手にした。(C)Getty Images

2点は失ったものの無四球と素晴らしいコントロールを見せた大谷。5回には味方の美技で逆転のピンチを切り抜けたこともあり、見事今季4勝目を手にした。(C)Getty Images

 現地時間7月6日、本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦に、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が「2番・投手」で先発出場。投手としては7回5安打2失点、打者としても第1打席で同点タイムリーを放つなど、投打にわたる活躍を見せた。

 大谷が2回までに三振を奪えなかったのはメジャー初。それでも、四球をひとつも出さない粘りのピッチングを見せ、前半戦最後の登板で今季最長タイの7回を投げ切った。

 初回、大谷は犠牲フライで先制点を献上したものの、自らのバットで試合を振り出しに戻す。ランナーを二塁に置いて、レッドソックス先発のネイサン・イオバルディが投じた2球目のスプリッターを見事に捉えた。打球はライトの右側を強烈なタイムリー二塁打となり、まずは同点。さらにバッテリーを組むマックス・スタッシの2ランで一気に勝ち越した。
 
 その後も大谷は粘りのピッチングを続け、再三のピンチをしのぐ。5回には67.8マイル(約109.1キロ)のカーブと97.5マイル(約156.8キロ)の4シームを組み合わせる緩急も見せて無失点。6回にはさらに1点を失うものの、あわや逆転2ランの当たりをセンターのホアン・ラガレスがジャンプ一番でキャッチする超美技で危機を救った。

 この裏にはエンジェルス打線も再び爆発し、さらに2点を追加。大谷にも2死満塁で第4打席が回ってくるものの、ここは三振に倒れて日本人最多の32号はお預けとなった。

 7回限りで大谷がマウンドを降りた後、エンジェルスは3点のリードを継投で守る。8回にはマイク・マイヤーズが再三良い当たりは飛ばされるものの、これがことごとく野手の正面をついてライナーに。9回からはクローザーのライセル・イグレシアスがマウンドへ上がり、ハンター・レンフローのソロ本塁打のみの1点に抑えて、エンジェルスが5対3で勝利。大谷は今季4勝を挙げるとともに、日米通算50勝を達成した。

 現在、ア・リーグ最多の54勝を挙げているレッドソックス相手の好投に、カリフォルニア在住のスポーツライター、グレッグ・ビーチャムは「ア・リーグで最高のチーム相手に好投した」と称賛。『ベースボール・アメリカ』紙のカイル・グレイサーも、「無四球と言うのが大きい。オオタニはシーズン序盤に制球で苦労したが、ここ6回の先発機会のうち5回で2四球以下を達成している」と、大谷のコントロール向上を称賛した。

構成●SLUGGER編集部

【動画】「これは手が出ない」球速差48キロのフォーシームとカーブの比較
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング