専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「オールスターに出るべきではない!」米メディアが大谷翔平の“夢舞台出場”に異論!「余分な消耗に価値はない」

THE DIGEST編集部

2021.07.10

走攻守のあらゆる局面で奮闘する大谷。そのパフォーマンスをオールスターで見たいと考えるファンは少なくない。(C)Getty Images

走攻守のあらゆる局面で奮闘する大谷。そのパフォーマンスをオールスターで見たいと考えるファンは少なくない。(C)Getty Images

 メジャーリーグの人気スターたちが一堂に会し、しのぎを削り合うオールスターゲーム。新型コロナウイルスの影響によって2年ぶりの開催となる今季は、全世界から熱視線を送られる男が参戦予定だ。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。
【動画】「ゴジラ越え」の圧巻アーチ! 大谷翔平の日本人史上最多のホームランはこちら

 今季の大谷は開幕から怒涛の快進撃を披露。打っては本塁打32本、打点69、OPS(出塁率+長打率)1.064といずれもハイアベレージをマーク。ピッチングでも防御率3.49ながら、奪三振率11.69と高水準の数字を出し、自身のメジャーキャリアでは最高となる6度のQS(6回以上を投げて3失点以内)を達成している。

 オールスターの前日に開催されるホームラン・ダービーへの参戦も決意した偉才には、周囲からの注目度も日増しに高まっている。

 一方で大谷のコンディションを懸念する声も上がっている。米メディア『Inside Hook』は、「デグロムが参加しないように、ショウヘイ・オオタニもそうすべきだ」と指摘。今月7日の登板後に「僕にとって有益ではない」とオールスター参加を辞退した剛腕ジェイコブ・デグロム(ニューヨーク・メッツ)を引き合いに出し、「オオタニにとってもメリットはない」と主張した。

「オールスターゲームを辞退する決断は、おそらくMLBとファンから少なからず反感を買い、無礼だと見なされる可能性がある。だが、一時的に集まる多くのスポットライトとわずかなボーナスを得ること以外のメリットはない。だからこそ、オオタニのような過去に故障で苦しんできた選手は出るべきではないだろう」
 
 さらに「ジョー・マッドン(エンジェルス指揮官)が常々言っている『ショウヘイのための最適な起用法』とは、彼をオールスター期間中に家に留まらせることだ」と断言した同メディアは、「オールスターやホームラン・ダービーへの参戦による余分な消耗に価値はない」と切り捨てている。

「2008年にオールスターゲームに選出されたアレックス・ロドリゲスは、ホームラン・ダービーにも推薦されていたが、『僕はヤンキースのために責任を負う必要がある。最高のスイングを保つために出場を辞退する』と宣言していた。オオタニにも同様の影響があるかは分からないが、どんなに高性能なマシーンも故障するリスクは秘めている」

「オオタニは間違いなく歴史的なシーズンを謳歌している。そんな刺激的なプレーヤーが、たった2日間のためにシーズンを台無しにするようなことがあれば、残念でしかない。彼は誰もが見たいスターだが、彼自身のためだけでなく、野球界のためにも、オールスターには出るべきではない」

 これまでほぼ無休でプレーし続けてきた大谷のコンディション面を思えば、身体を少しでも休ませて後半戦に臨ませるべきだという指摘は十分に理解できる。しかし、オールスターという夢舞台で活躍する彼を待ち望むファンを思うと……。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】「ゴジラ越え」の圧巻アーチ! 大谷翔平の日本人史上最多のホームランはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング