専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「みんな驚いてる!」超逸材タティースJr.が大谷翔平に驚嘆! 歴史的球宴出場に「称賛せざるをえない」と賛辞惜しまず

THE DIGEST編集部

2021.07.14

タティースJr.(左)は、MLB史上初となる二刀流での出場を果たした大谷への賛辞を口にした。(C)Getty Images

タティースJr.(左)は、MLB史上初となる二刀流での出場を果たした大谷への賛辞を口にした。(C)Getty Images

 特大のポテンシャルは存分に見せつけた、そういっても過言ではないだろう。

 現地時間7月13日に行なわれたMLBオールスターに史上初の“二刀流”で出場を果たした大谷翔平は、打者としては2打数無安打に終わったものの、先発投手としては160キロを連発して初回を3者凡退に抑えた。

 前日のホームラン・ダービーでの疲労もあり、調子は「ボチボチと言う感じだった」という大谷。それでも野茂英雄以来となる日本人選手のオールスターでの先発という大役を見事に務め上げた。

 先頭打者のフェルナンド・タティースJr.(サンディエゴ・パドレス)をレフトフライに打ち取ると、後続のマックス・マンシー(ロサンゼルス・ドジャース)はセカンドゴロに仕留める。そしてノーラン・アレナード(セントルイス・カージナルス)を打席に迎えると、カウント1-2からの4球目に100.2マイル(約161.3キロ)を記録し、球場をドッとどよめかせた。

 メジャーのオールスター戦で“投打同時出場”という史上初の快挙も成し遂げ、自身初の夢舞台で輝きを放った。そんな27歳のサムライ戦士には、競演したスター選手たちも賛辞を惜しまない。
 
 試合中に小型マイクを使ったインタビューで大谷の球宴での二刀流について「称賛せざるをえない」と語ったのは、パドレスのタティースJr.だ。ナショナル・リーグの本塁打ランキングでトップに立つ超逸材スラッガーは、こう語っている。

「ショウヘイにはみんなが驚かされているはずだよ。もしも、ベーブ・ルースの偉業を知りたいと思えば、いまは彼が突き進んでいる姿を見ればいい。僕は彼(ルース)のようになってほしいと思ってる。投手なのに前半戦で33本塁打も打ってるもんね。ワオ、ただただワオだよ(笑)」

 以前にも大谷について「俺たちがやってたリトルリーグに戻って野球を楽しんでるかのようだ」と語っていたタティースJr.は、「願わくば、ショウヘイがあと15年は二刀流を続けてくれればいいよね。それが野球界にとってもいいことだ」とエールも送った。

 チームメイトやファンだけにとどまらず、他球団の選手さえも魅了する大谷は、後半戦も快進撃が期待される。仮にシーズン終了まで前半戦と同様の活躍を続けられれば、その価値はより高まるはずだ。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】オールスターで異彩を放った大谷! アレナードに投じた161キロはこちら

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング