専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「横浜の惨事だ!」銅メダルも逃した韓国代表に母国メディアが辛辣批判!「ファンから拍手を得るのは難しい」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.07

ドミニカ共和国との乱打戦に屈した韓国。投手陣の崩壊で敗れ去ったチームには、国内メディアからも辛辣な評価が送られている。(C)Getty Images

ドミニカ共和国との乱打戦に屈した韓国。投手陣の崩壊で敗れ去ったチームには、国内メディアからも辛辣な評価が送られている。(C)Getty Images

“王者”が、無冠のまま、東京を去る。野球の韓国代表だ。

 8月7日、横浜スタジアムで行なわれた東京五輪・野球の3位決定戦で、ドミニカ共和国と対戦した韓国が6対10で敗れた。2008年の北京五輪に続く大会連覇を目指したチームは、メダルを手に出来ずに大会を終えた。

 3点差をつけられた5回に4点を奪って6対5と逆転した韓国。だが、8回に6番手として登板した元阪神のクローザーであるオ・スンファンが、1死満塁から暴投で同点とされると、なお1死二、三塁で、相手の4番フランシスコに勝ち越しの2点適時二塁打を打たれて万事休した。

 王者の面目を保てずに敗れ去った韓国には、国内メディアの風当たりも強まっている。ポータルサイト『My Daily』は「これは“横浜の惨事”だ。彼らは銅メダルでさえもクビにかけられなかったのだ」とチームを酷評。「この代表チームが苦戦した理由には、いくつかの要因があるが、何よりも投手陣の乱調と首脳陣のマネージメントのミスが足を引っ張った。ドミニカとの3位決定戦でも投手力の限界は顕著だった」と続けた。
 
 さらに「まさかの3連敗でメダルを手に出来なかったのは、衝撃と言うほかにない」と悲観に暮れた同メディアは、「確実に信頼のおけるエースの不在や新人しかいなかった絶対的セットアッパーの不足が致命的な結果をもたらした」と分析。そのうえで、こう締めくくった。

「一時は6対5と逆転する闘志を見せたが、8回裏に頼みの綱であるオ・スンファンが、虚しくも崩れ去って再逆転負け。振り返ってみれば、メンバー発表から大会中の起用法まで、キム・ギョンムン監督の采配ミスがあまりにも多かった。これは明らかに惨事だ。ファンから拍手を得るのは、難しいだろう」

 日本戦からの3連敗で幕切れとなった韓国。一様にうなだれたナインの表情からは、受けたショックの大きさが感じ取れた。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング