専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「いまが最高の状態だ!」大谷翔平に並ぶ“弾丸44号”のゲレーロJr.を指揮官絶賛!「アプローチが戻ってきた」

THE DIGEST編集部

2021.09.13

大谷(左)に並ぶ44号アーチを放ったゲレーロJr.(右)。はたして最終的には、どちらが本塁打王に輝くのか。(C)Getty Images

大谷(左)に並ぶ44号アーチを放ったゲレーロJr.(右)。はたして最終的には、どちらが本塁打王に輝くのか。(C)Getty Images

 本塁打レースが混戦を極めている。

【動画】大谷、そして偉大な父に並ぶ一発!ゲレーロJr.の“弾丸44号アーチ”をチェック

 現地時間9月12日、トロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.は、敵地で行なわれたボルチモア・オリオールズ戦に「3番・DH」で先発出場。今季44号のソロアーチを放ち、ついに今シーズン独走を続けてきた大谷翔平(エンジェルス)の本塁打数と並んだ。

 大きく会場を沸かせたのは、5点リードで迎えた2回2死走者なしの場面だ。先発左腕ザック・ロウザーと対峙したゲレーロJr.は、初球インコースをフルスイング。113.2マイル(約182.2キロ)で飛び出したその打球は、レフトのポール際へ一直線の弾丸ライナーとなった。
 
 この強烈な一発には、ブルージェイズの指揮官も賛辞を止めない。MLB公式サイトによると、チャーリー・モントーヨ監督は、試合後の会見で「(毎試合)彼は学んでいる。今年は初めてのフルシーズンで、疲れている時は調整が必要となるが、彼は本当にうまくやっている」と話しているという。

 さらに、「彼のアプローチは戻ってきた。いまが最高の状態だよ」と称賛の言葉を続けると、「彼の調子が良いときは、いつも本塁打のチャンスを握っているんだ」とコメント。史上最年少の“三冠王”を射程圏内に入れる22歳のパフォーマンスに驚きを隠せないようだ。

 一方の大谷はこの日、3打数1安打1四球と活躍を見せるも、2試合連続のアーチなし。シーズン終盤に入ってペースダウンした感が否めないが、ここから再び挽回できるか。その活躍に期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】大谷、そして偉大な父に並ぶ一発!ゲレーロJr.の“弾丸44号アーチ”をチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング