専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「オオタニの価値を捉えていない」現地記者が大谷翔平のMVPについて言及!ライバルとの比較についても優位を強調

THE DIGEST編集部

2021.09.28

快投しながらチームの勝利に結びつかなかった現地26日のゲームで、大谷は怒りをあらわにする場面もあった。(C)Getty Images

快投しながらチームの勝利に結びつかなかった現地26日のゲームで、大谷は怒りをあらわにする場面もあった。(C)Getty Images

 先日まで行なわれていたロサンゼルス・エンジェルスのホームゲームでは時折「MVP」コールがスタンドから起こった。言うまでもなく大谷翔平へ向けられたものであり、シーズンMVP獲得を願うファンの声援だ。

【動画】圧巻の10奪三振ショー! 大谷翔平の今季本拠地ラスト登板をチェック

 現地時間9月26日の対シアトル・マリナーズ戦では今季23度目の先発登板を果たし、「2ケタ本塁打&2ケタ勝利」を目指し、好投を繰り広げた。7回を投げ10奪三振、5安打1失点の内容だったものの、チームは敗れ、大谷の偉業達成はならなかった。またこの日は7回終了後、ベンチに下がる際に珍しく悔しさを露わにするシーンもみられた。

 それでもこの試合でも打者としても安打を放ち、また本塁打王獲得の夢も残されており、まさにMVPに値するパフォーマンスを披露し続けている。

 無論、ホームランキングや最優秀選手へのライバルは他にも存在するものの、現地スポーツライターのマイク・アクシサ氏は、大谷のMVP獲得の可能性について、WAR(Wins Adove Replacementの略、攻守両面での貢献度を表す指標)を用いる形で言及している。

「オオタニの日曜のマリナーズ戦までのWARはMLBトップの8.7だった。2位のザック・ウィーラー(WAR7.5)とは1勝(WARは勝利数としてカウントが行なわれる)以上の差があるものの、WARはオオタニの価値を完全には捉えていない。なぜなら、大谷はロースターひとつの枠を占めながら、ふたつの重要な役割(中軸打者とエース)を果たしているからだ」と、現在まで算出されている大谷のWARが不確かであることを伝えている。
 
 また先日伝えられた、大谷のチームメイトであるマイク・トラウトの「MVPはオオタニ」と語ったコメントも引用しながら、打撃部門でもタイトルを争うブラディミール・ゲレーロJr.との比較についても触れている。「オオタニのいないシーズンであればゲレーロJrが(MVPに)ふさわしいかもしれない。だが、打者としてもトップ10に入り、23試合もエース級の活躍をみせたプレイヤーが存在する」と、大谷のここまでの投打での実績を強調した。

 MVP投票はレギュラーシーズン終了後に行なわれ、11月に受賞者が発表される。2021シーズン、メジャーの舞台で二刀流として驚異的な活躍を続けてきた大谷翔平。本塁打タイトルを僅差で争っていて、さらに10勝を目指すマウンド姿ももう一度だけみられるかもしれない。MVP獲得への期待とともに、最後の最後まで目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング