専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ツツゴウを呼び戻せ!」パイレーツがオフに行なうべき”3つの行動”を米記者が提言!

THE DIGEST編集部

2021.10.09

パイレーツで復活した筒香は、来季もチームに残れるはずだ。(C)Getty Images

パイレーツで復活した筒香は、来季もチームに残れるはずだ。(C)Getty Images

 今季のナショナルリーグ中部地区で最下位となり、レギュラーシーズンを終えたピッツバーグ・パイレーツ。米専門メディアの『FAN SIDED』のデイビッド・ヒル記者は、同メディアに寄稿した記事の中でパイレーツについて以下のような見解を示した。

【動画】弾丸ライナー!筒香の“自己最多”8号をチェック!

「パイレーツはここ何年もの間、方向性も見出せない状況が続いていたが、2019年11月にベン・チェリントンがG Mに就任すると、方向性が見つかり、それによっていくつかの希望が生まれた。パイレーツが再び競争できるようになるまでには何年もかかるかもしれないが、トンネルの先には光が見え始めている」

 また同氏は、パイレーツにとって望ましい一歩を踏み出すために、このオフシーズ行うべき3つの動きについて言及している。

1. ツツゴウを呼び戻すこと
2. 急成長のふたりの若手選手、ゲブライアン・ヘイズとブライアン・レイノルズとの契約延長
3. ジェイコブ・スタリングスのトレード
 
 項目のひとつとして、オフシーズンにフリーエージェントになる筒香との再契約を提言。筒香はメジャー2年目の今季、レイズ、ドジャース、パイレーツと3球団でプレーし、レイズとドジャースでは打率1割台、本塁打ゼロと不振が続いた。しかし、8月にパイレーツに移籍すると43試合に出場し、打率.268、8本塁打、25打点をマークして存在感を示した。 

 ヒル記者は筒香のパイレーツでの飛躍の原因を次のように分析している。

「レイズやドジャースのような優勝を目指すチームの一員としてのプレッシャーに直面する準備ができていなかったのかもしれない。そのプレッシャーが、新しい国への適応と相まって、彼の手に余るものだったのだろう。あるいは、パイレーツが気づいた点を修正して、ツツゴウの能力を引き出すことができたのかもしれない」

 また、「2021年のピッツバーグ・パイレーツにとって、ヨシ・ツツゴウは嬉しい驚きだった。彼を呼び戻して、未来の一部になれるかどうかを確かめるべきだ。ツツゴウの今季のパイレーツでの活躍と、外野でも一塁でも通用する能力を考えれば、彼を呼び戻す価値は十分にある。昨年末のような活躍を見せてくれれば、パイレーツを支える存在になるかもしれない」と述べた。

 チェリントンGMはここ数日以内に筒香と話し合いの場を持つようだ。果たして来季もパイレーツのユニホーム姿で活躍する筒香を見ることができるか注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング