専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

牧秀悟の勝利貢献度は「栗林良吏の2倍」!? 有識者が考える新人王投票<SLUGGER>

SLUGGER編集部

2021.12.14

栗林(左)も牧(右)も数々の新人記録を樹立。2人のどちらを新人王に選ぶべきかは議論が分かれるところだが、最新指標で見てみると……?写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

栗林(左)も牧(右)も数々の新人記録を樹立。2人のどちらを新人王に選ぶべきかは議論が分かれるところだが、最新指標で見てみると……?写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

 12月15日に行われるNPB AWARDで、新人王が発表される。今年のセ・リーグは栗林良吏(広島)と牧秀悟(DeNA)と2人の“最有力候補”がいる。果たしてどちらが受賞にふさわしいのか。有識者たちの意見を聞いてみた。

 まず、2人の基本成績を整理しておこう。

栗林
【試合】53 【勝敗S】0-1-37 【防御率】0.86 【投球回】52.1
【奪三振】81 【与四球】28 【被本塁打】1 【WHIP】0.97


【試合】137 【打率】.314 【本塁打】22 【打点】71
【盗塁】2 【出塁率】.356 【長打率】.534 【OPS】.890

 栗林は新人プロ野球タイ記録の37セーブを挙げ、防御率は0点台。52.1回で被本塁打は1本だけ、奪三振率13.93とまさに桁外れの支配力で打者を牛耳った。一方、牧はルーキーでは清原和博(当時西武)以来35年ぶりの打率3割&20本塁打を達成。史上初の新人サイクル安打も達成した。

 まさに甲乙つけ難い2人だが、「心情的には牧かな」と話すのは、ベースボールライターの氏原英明氏だ。
 
「新人で3割20本。二塁打は新人史上最多記録。また、二塁手でこれだけ打てるということも評価したい。ほぼ毎日試合に出ているという労働量も考えると、やっぱり牧を推したいですね」

 また、栗林の印象には“五輪補正”があるとも指摘する。

「栗林について言及される際には、たいてい『東京五輪では全6試合に登板して金メダル獲得に貢献した』と言われますよね。でも、新人王はレギュラーシーズンの活躍のみを加味するべきです。もちろん、金メダルに貢献したことは凄いけれども、五輪は五輪、シーズンはシーズン。金メダルに貢献したから新人王というのは不公平でしょう」

 解説者の谷繁元信氏も「あの最後の追い込みで、投票者をかなり迷わせているでしょうね」と、牧の終盤の追い上げを絶賛しながらも、シーズントータルで考えると「やはり新人王は栗林」と述べている。

「抑えで0点台は、なかなか難しい数字だと思うんですよね。しかも新人でそれを達成したのは、やはり評価が高いんじゃないかなと思います」
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング