専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

「試合をコントロールしていたのは彼だ」米国捕手が東京五輪で衝撃を受けた日本の選手は?<2021百選>

江國 森(THE DIGEST編集部)

2021.12.18

決勝後に日本の印象について語ったコロズバリ。(C)Getty Images

決勝後に日本の印象について語ったコロズバリ。(C)Getty Images

 2021年のスポーツ界における印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、東京五輪で悲願の金メダルを獲得した侍ジャパンを取り上げる。アメリカ代表の正捕手マーク・コロズバリが語った日本の印象とは?

記事初掲載:2021年8月8日

――◆――◆――

 敵のキーマンも日本を称賛した。

 8月7日、東京五輪・野球競技の決勝が横浜スタジアムで行なわれ、日本がアメリカに2対0で勝利。1984年のロサンゼルス大会以来37年ぶり、正式競技となった1992年のバルセロナ大会以降では、初の金メダルを獲得した。

 3回裏に8番・村上宗隆(ヤクルト)のソロホームランで先制した侍ジャパンは、8回裏にも3番・吉田正尚(オリックス)のヒットと相手のエラーで加点。このリードを、先発の森下暢仁(広島)以下、千賀滉大(ソフトバンク)、伊藤大海(日本ハム)、岩崎優(阪神)、栗林良吏(広島)の続投で守りきり、隙のない野球で頂点に輝いた。
 
 試合後、アメリカの正捕手マーク・コロズバリに日本の印象を訊くと、「素晴らしいチームだった。ベテランが多かった。対戦した経験をアメリカに持ち帰りたい」とコメント。とりわけ、驚いたのは同じポジションの甲斐拓也(ソフトバンク)だったという。

「とくに衝撃を受けたのは、キャッチャーのカイだ。ゲームをコントロールしていたのは彼だった。素晴らしかったよ」

 同じ捕手であるからこそ、5人の続投による完封リレーを引き出した甲斐のリードの巧みさが、よく分かったのだろう。

取材・文●江國 森(THE DIGEST編集部)

【PHOTO】見事に金メダル獲得! 栄冠を掴んだ侍ジャパン24名を激選ショットで一挙紹介

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング