専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

グリーンモンスターも関係なし!? ボストン・メディアが鈴木誠也の“ポテンシャル”を高評価!「守備力を大きく向上させる」

THE DIGEST編集部

2022.01.30

未だに移籍先が決まらない鈴木誠也。レッドソックスなど複数の球団が獲得に動くと報道されている。(C) Getty Images

未だに移籍先が決まらない鈴木誠也。レッドソックスなど複数の球団が獲得に動くと報道されている。(C) Getty Images

 侍ジャパンの4番は、“グリーンモンスター”の真下でのチャンレンジに臨むのか。

 今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグ移籍を目指している鈴木誠也。MLBのロックアウト突入により、移籍交渉ができない状況が続いているが、その動向は日増しに注目度を高めている。

 数多の球団との関係が囁かれるなかで、有力候補のひとつに挙げられるのが、名門レッドソックスだ。現地時間1月28日に地元メディア『Boston.com』は、実際に入団したと想定し、どのような活躍を見せるかを予想した。

 まず、打力について同メディアは、「彼の右打席のパワーは、もしアメリカでも通用するとしたら、フェンウェイパークによく合うだろう」と、左翼に高々とそびえるフェンスが存在する本拠地にもフィットすると指摘。「過去6シーズンで25本以上の本塁打を放っており、パワーツールは十分に発達しているようである」と、MLBでも日本時代と同様の長打力が期待できるとした。

【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック

 さらに守備も高く評価する。同メディアは「彼の登場は外野の守備力を大きく向上させる可能性があり、昨シーズンはエラーに苦しんだチームにとっては歓迎すべきこと」と、大きな期待を寄せた。昨シーズンに主に右翼のレギュラーだったハンター・レンフローがリーグ最多の12個の失策を犯したことに触れたうえで、次のように展望した。

 「左翼にバーデュゴ、中堅にブラッドリーJr、右翼にスズキという外野のラインアップによって、ソックスの守備は昨シーズンよりも強固になる」

 広島時代には、長打力と強肩で観客を魅了してきた鈴木。移籍先は未定ではあるが、新天地がどこになろうとも、ファンを大いに沸かすことは間違いないだろう。
 
構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック

【PHOTO】大谷翔平、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!

【関連記事】“日本人ルーキー”に5年63億超えの価値は? 米紙が懸念する鈴木誠也のリスク「もったいないと思われるかもしれない」
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング