専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

フランコ、ミッチェル、マック…ストライキの影響で大物メジャーリーガーが続々来日した95年。今年も同じことが起きる?<SLUGGER>

筒居一孝(SLUGGER編集部)

2022.02.22

95年は元首位打者のフランコ(左)や89年MVPのミッチェル(右)ら、通常では考えられないような大物が大挙来日。今季もその再現はあるのか?(C)Getty Images

95年は元首位打者のフランコ(左)や89年MVPのミッチェル(右)ら、通常では考えられないような大物が大挙来日。今季もその再現はあるのか?(C)Getty Images

 MLBはまだロックアウトが解決せず、開幕延期の可能性が高くなっている。もし労使交渉の影響で開幕が延期されたとすれば、1995年以来の事態。実はこの年は、なかなか決まらない開幕に業を煮やし、大物メジャーリーガーの働き場を求めて来日した。
【動画】まさにメジャー級のパワー。ミッチェルが89年プレーオフで場外弾!

 なかでも最大のビッグネームが、元MVPのケビン・ミッチェル(ダイエー)だ。89年、ジャイアンツで47本塁打&125打点を記録して二冠王を獲得し、チームをリーグ優勝へ導いてナ・リーグMVPを受賞した大砲は、来日前年にも95試合で30発を量産。西武との開幕戦に4番レフトで先発出場すると、初回の初打席でレフトスタンドに満塁弾を放つ衝撃デビューを飾ってホークスファンを狂喜乱舞させた。
 
 だが、メジャー時代から数々のトラブルで悪名を馳せていたミッチェルは、問題児ぶりも桁外れだった。仮病で欠場しまくった挙句に、2度も無断帰国。球団も見切りをつけ、37試合に出場した時点で解雇したが、退団後に4億5000万円の年俸を全額支払うようミッチェルから訴訟を起こされるなど散々だった。

 そのミッチェルと並ぶ超大物が、ロッテが獲得したフリオ・フランコだ。バットを高く掲げて先端を投手に向ける、“スコーピオン打法”と呼ばれる個性的な打撃フォームが特徴のコンタクトヒッターで、レンジャーズ時代の91年には打率.341で首位打者を獲得。来日前年には自己最多20本塁打を放ってシルバースラッガー賞を受賞していた。恩師のボビー・バレンタインがこの年、ロッテの監督になったことが縁となっての入団だった。

 すでに36歳だったが打撃技術に衰えはなく、日本でもリーグ3位の打率.306、ベストナイン&ゴールデン・グラブを受賞。徹底した自己管理など、プレー以外の面でもチームメイトに大きな影響を与えた。この年限りで一度は退団したものの、98年にもロッテでプレーし、この時もベストナインになっている。メジャー復帰後も48歳まで現役を続け、史上最年長本塁打記録も保有している。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング