専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ホームのファンがブーイング!」大谷翔平の完全試合“阻止”に、バントを試みたアストロズ選手がまさかの手痛い洗礼

THE DIGEST編集部

2022.04.21

大谷(左)が完全試合を演じる最中、米国では「卑怯」とも捉えられる振る舞いでホームのファンから批判を浴びることになったグッドラム(右) (C)Getty Images

大谷(左)が完全試合を演じる最中、米国では「卑怯」とも捉えられる振る舞いでホームのファンから批判を浴びることになったグッドラム(右) (C)Getty Images

 球史に残る快挙を見たいのは、そのチームのファンであろうとなかろうと関係ないのだと思わせるシーンだった。

 現地時間4月20日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は敵地でのヒューストン・アストロズ戦に「1番・投手」で先発出場すると、5回まで毎回の11奪三振パーフェクトの圧巻の投球を披露。打っても2安打2打点で“リアル二刀流”として見事な活躍を見せた。

 もっとも、大偉業の達成は6回1死からセンター前にヒットを打たれて幻に終わったのだが、その前の打者だったニコ・グッドラムのところでも途切れる可能性があった。ジェイソン・カストロが“正々堂々”とヒットを打ったのに対し、グッドラムは別の試みをしたことで、何と本拠地のファンから批判される一幕があったのだ。

【動画】本拠地ファンが自軍の選手に「ブーーー!」大谷翔平の完全試合阻止にバントを試みた選手が…
  5回まで一切の付け入る隙を見せなかった大谷は、6回先頭にグッドラムを迎える。すると彼は、ここで果敢にセーフティバントを試みたのだ。打球は早い段階で三塁線を切れていって事なきを得たが、メジャーでは“暗黙の了解”として「完全試合やノーヒットノーランを阻止する目的で、バントをしてはいけない」というものがある。

 この“暗黙の了解”の是非はさておき、少なくとも多くの野球ファンのなかでは半ば常識なのだろう。実際、グッドラムがバントを失敗して打席に戻ろうとした最中、彼はホームにいる多くのアストロズファンからブーイングにさらされたのだ。

 この様子は現地メディアの目に留まり、「ホームのファンがブーイングをしている」とコメントすれば、現地実況も「このブーイングは仕方のなきことでしょう」として、大谷が演じていた完全試合をこのような形で終わらせようとした振る舞いは批判されてもやむなしという態度を取っていた。

 結局、グッドラムは貴重なストライクを1つ失って最後は三振。大谷の自己最多タイに並ぶ12奪三振目の打者となった。大谷はこの後にヒット、四球を出して6回限りで降板したが、強力アストロズ打線を無失点12奪三振の快投。チームは6対0で試合を制し、大谷にも今季初勝利がついている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日――ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?

【関連記事】賛否が加熱する佐々木朗希の降板に米メディアが理解。CY賞3度の“最強左腕”を例に「最近では珍しい動きでもない」

【関連記事】井口監督のぶれない決断。“完全試合”で佐々木朗希を降板させた、「世界の宝」を預かる男の覚悟と見据える未来
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング