専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

佐々木朗希、5回2失点で3勝目! 完全投球は17回、連続無失点は22回で止まるも粘りの投球で勝利に貢献

THE DIGEST編集部

2022.04.24

今季3勝目を挙げた佐々木の力投。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

今季3勝目を挙げた佐々木の力投。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

 ロッテの佐々木朗希が4月24日、京セラドーム大阪でのオリックス戦に先発登板し、同10日のオリックス戦から続いていた完全投球こそ破られたものの、5回を投げ2失点に抑え、6-3の勝利に貢献している。
 
 初回、先頭の福田周平にいきなり初球を右前に運ばれ、完全投球は連続17イニングで阻止される立ち上がり。さらに内野安打で1死一、二塁とされると、4番の吉田正尚にはレフト前に運ばれる。2塁ランナーの福田はホームを狙うも、ここはロッテが堅守でホームで失点を阻止した。

 2回以降も毎回ランナーを許した佐々木だったが、粘りの投球で2、3回は得点を許さない。しかし3点リードで迎えた4回、ヒットと四死球で無死満塁から、3番の紅林弘太郎には投ゴロの間に三塁ランナーが生還。無失点記録も22回で止まった。さらに4番の吉田には左中間を破るタイムリー二塁打を許し2失点目。それでも後続を断ち切った佐々木は、勝利投手の権利を手にしてマウンドを降りた。

 試合は2回にロッテが1番・高部瑛斗の2点タイムリー、2番・和田康士朗の中前タイムリーなどで3点を先行。9回には3点を追加し、その裏の攻撃をリリーフの益田直也が1点に抑えて6-3でロッテが逃げ切った。佐々木が今季3勝目を挙げている。

 佐々木は10日のオリックス戦(ZOZOマリン)でNPB史上28年ぶり16人目となる完全試合を達成。さらに続く17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)でも8回をパーフェクトに抑え、試合開始時点までで17回連続で完全投球を見せていた。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】キャプテン中村が佐々木の3勝目を守る超ファインプレー!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング