専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

ダルビッシュ有、佐々木朗希に詰め寄った白井球審を擁護! SNSで「審判の立場も考えた方がいい気がします」と持論

THE DIGEST編集部

2022.04.25

白井球審とのやり取りが物議を醸した佐々木(右)。一連の話題に興味深い意見をぶつけたのは、ダルビッシュだった。(C)Getty Images、写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

白井球審とのやり取りが物議を醸した佐々木(右)。一連の話題に興味深い意見をぶつけたのは、ダルビッシュだった。(C)Getty Images、写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

 日本球界が誇る剛腕が投じた一球が“波紋”を広げている。

 事の発端となったのは、4月24日に京セラドーム大阪で行なわれたオリックス・バッファローズと千葉ロッテマリーンズの一戦。2回2死一塁の場面で、ロッテの先発投手だった佐々木朗希が投げ込んだ渾身のボールだ。
【動画】「プレーボール」を打たれる! 佐々木朗希の完全投球終了シーンをチェック

 相手バッターの安達了一に2ストライクから投じた3球目、渾身の158キロの直球は外角低目へズバッと決まったかに思われたが、判定は「ボール」。同時に一塁走者の杉本裕太郎が盗塁を決めた直後、佐々木は二塁から本塁方向をくるりと向き直って、数歩だけ前に歩くと、ボール判定に対する不満げな表情を浮かべた。

 これを見るやいなや、白井球審は険しい表情でマウンドへ。咄嗟に何かを察知したロッテの捕手・松川虎生が仲裁に入って事態を収拾。その場では何も起こらなかったものの、アンパイアが選手のもとに詰め寄る稀な光景には、球場全体が騒然とした。

 たしかに当事者たる佐々木が不満の表情を見せるのも頷ける際どいコースではあった。ゆえに、TwitterをはじめとするSNSでは、賛否両論が巻き起こった。もっとも、その大半は白井球審の態度の是非を問うものだった。

 そうしたなかで興味深い意見を発信したのが、MLBのサンディエゴ・パドレスに所属するダルビッシュ有だった。SNSのトレンドともなかった事態を知ったメジャー屈指の右腕は、自身のツイッターで、この件を取り上げたニュース記事を引用しつつ、次のように発信した。

「野球の審判って無茶苦茶難しいのに叩かれることはあっても褒められることはほとんどないよなぁ。選手も散々態度出すんだから審判にも態度出させてあげてください」

 球界の酸いも甘いも熟知するダルビッシュのストレートな意見には、ファンからも反応が殺到。そのなかで、「感情出してもいいとは思うけど、こればかりは誤審だからねえ」というリプライを受けると、35歳の剛腕は、こう返信している。

「誤審といいますがテレビで見てる分には判定は簡単です。ですがあの場にいてリアルタイムであれだけ誤審が少ないのは本当にすごいです。元プロ野球選手が審判とかすると誤審連発なので、自分からするとプロ野球の審判は全員化け物です笑」

 自らの経験をふまえ、審判側に立って持論を展開したダルビッシュ。さらに審判に感情をいらないとする投稿には、「何故でしょう?」と返信。また別のリプライには、「自分のことだけじゃなく審判の立場も考えた方がいい気がします」と冷静に諭した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「結果が変わっていたかもしれない」大谷翔平が苛立った“不可解判定”に米記者は疑念!「いい加減にしてくれ!」

【関連記事】伊藤大海も“土下座ポーズ”で注意! 球審が佐々木朗希に詰め寄って話題となったシーンはどう捉えるべきか?

【関連記事】記録か、選手生命か――。佐々木朗希の8回完全降板で思い出した“幻の名投手”伊藤智仁の悲劇
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング