専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

“らしさ”の詰まった豪快弾。好投手ジオリトとの駆け引きを制した大谷翔平の今季4号に地元放送局も唸る「これぞショウヘイだ!」

THE DIGEST編集部

2022.04.30

ジオリトとの勝負を制して、逆方向へとかっ飛ばした大谷。その持ち味とも言えるパワーを見せつけた一打に地元放送局も賛辞を惜しまなかった。(C)Getty Images

ジオリトとの勝負を制して、逆方向へとかっ飛ばした大谷。その持ち味とも言えるパワーを見せつけた一打に地元放送局も賛辞を惜しまなかった。(C)Getty Images

 まさに真骨頂とも言える一撃だった。

 現地時間4月29日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているシカゴ・ホワイトソックス戦に「4番・DH」で先発出場。今月16日(現地時間)のテキサス・レンジャーズ戦以来、11試合ぶりとなる今季第4号のホームランを放った。
【動画】好投手ジオリトの速球を粉砕! 大谷翔平の第4号アーチをチェック

 オールスター選出の実績を持つ右腕に力負けしなかった。初回に二死無塁で打席が回ると、ホワイトソックス先発のルーカス・ジオリトがカウント1-3から投じた93.1マイル(約149.8キロ)のフォーシームをジャストミート。センターから逆方向へと弾き出した打球は、みるみるうちに距離を伸ばしていき、左中間スタンドに飛び込んだ。

 直前の4球目に投じられた空振りを取りに来たチェンジアップを冷静に見極め、高めに甘く入ったボールを打ち損じなかった。まさに相手エースとの駆け引きを制した格好だ。
 
 この4番としては631日ぶりの一発には、現地の識者たちも大興奮だ。

 エンジェルスの地元放送局『Bally Sports West』で実況を務めたパトリック・オニール氏が「ついにショウタイムが戻ってきた」と語ったのに続いて、解説者のマーク・グビサ氏も「ショウヘイ・オオタニの、まさにああいうホームランが見たかったんだ。左中間へのライナー性、ようやくあっちの方向にホームランが出だ。『これぞショウヘイだ』と言える逆方向へのホームランだった」と褒めちぎった。

 飛距離にして419フィート(約127.7メートル)、打球速度は108マイル(約173.8キロ)。そんなファンもどよめく豪快弾は、逆方向へ強い当たりが離てる大谷“らしさ”が詰まった一打となった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】休息明けに待望の一発! 大谷翔平が11日ぶりの第4号アーチ「思い通りにスイングしている良い兆候だ」と米記者絶賛

【関連記事】思わず「クソッ」と苛立ち! 大谷翔平が三振に追い込まれた“ストライク判定”が物議「ショウヘイは窮地に立たされた」

【関連記事】大谷翔平の打撃を落合博満が分析!「日本の球界なら直したがる」スイングを“伝説の三冠王”はどう見ているのか?
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング