専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

休息明けに待望の一発! 大谷翔平が11日ぶりの第4号アーチ「思い通りにスイングしている良い兆候だ」と米記者絶賛

THE DIGEST編集部

2022.04.30

鋭く振り抜いた大谷。その打球は滞空時間の長い一発となった。(C)Getty Images

鋭く振り抜いた大谷。その打球は滞空時間の長い一発となった。(C)Getty Images

 久々の快音だ。

 現地時間4月29日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているシカゴ・ホワイトソックス戦に「4番・DH」で先発出場。今月16日(現地時間)のテキサス・レンジャーズ戦以来、11試合ぶりとなる今季第4号のホームランを放った。

 ながらくホームランが出ていなかったサムライに待望の一発が飛び出したのは、初回だった。

 ホワイトソックス先発の好投手ルーカス・ジオリトと対峙すると、高めに浮いた93.1マイル(約149.8キロ)のフォーシームを豪快にフルスイング。打ち上げるように放った打球は高々と舞い上がりながら、ぐんぐんと飛距離を伸ばし、左中間スタンドへ飛び込んだ。
 
 前日に今季初の休養日を与えられなかで、休み明けに早速結果を残した。無論、MLB通算97本目となる完璧な一発には、現地記者からも賛辞が相次いでいる。地元紙『Orange County Register』の番記者であるジェフ・フレッチャー氏は「単なる一発ではない。彼が思い通りにスイングしている良い兆候だ」と絶賛した。

 なお、大谷の本塁打に加え、テイラー・ウォードの一発でも1点を加点したエンジェルスだったが、1回裏に1点を奪われて点差を縮められている。大谷が今後の打席でチームを勝利に導けるかに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】思わず「クソッ」と苛立ち! 大谷翔平が三振に追い込まれた“ストライク判定”が物議「ショウヘイは窮地に立たされた」

【関連記事】「ホームのファンがブーイング!」大谷翔平の完全試合“阻止”に、バントを試みたアストロズ選手がまさかの手痛い洗礼

【関連記事】大谷翔平の打撃を落合博満が分析!「日本の球界なら直したがる」スイングを“伝説の三冠王”はどう見ているのか?
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング