専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ハイムを攻略できず」大谷翔平から打ちまくる敵捕手に米記者も反応! エンジェルスは今季初の3連敗

THE DIGEST編集部

2022.05.19

3試合連続のクオリティースタートとなった大谷だが、敵捕手ハイムに2本のタイムリーを浴び、今季4勝目はお預けとなった。(C)Getty Images

3試合連続のクオリティースタートとなった大谷だが、敵捕手ハイムに2本のタイムリーを浴び、今季4勝目はお預けとなった。(C)Getty Images

 現地時間5月18日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」でスタメン出場。打っては5打数無安打、投げては6回(94球)、7奪三振、2四球、被安打6、2失点に終わり、今季4勝目はならなかった。

【動画】“大谷キラー”ハイムが放った6回のレフト前タイムリーをチェック

 今季7度目の“リアル二刀流”として臨んだこの日は、立ち上がりの初回から制球が定まらず、安打、四球で1死一、二塁のピンチに。しかし、この回は続くアドリス・ガルシアを遊飛、コール・カルフーンを90.1マイル(約145.0キロ)のカットボールで空振り三振に仕留め、無失点で切り抜ける。

 続く2回も無失点とし、3回は2三振を奪うなど3者凡退に抑えた大谷。しかし、2点リードの4回には再び1死一、二塁のピンチを迎えると、ここで打席に立ったのは、天敵ジョナ・ハイム。100マイル(約161.0キロ)のフォーシームでバットを折ったものの、詰まった当たりがレフト前に落ちて1点を失った。

 この回を1失点に留め、5回は2死から安打を許すも無失点。しかし6回、コール・カルフーンのツーベースからワイルドピッチが絡んで1死三塁となると、ここでまたしてもハイムがレフト前タイムリーを放つ。4月14日には大谷から満塁ホームランを打っており、これで今季の対戦成績は、5打数5安打7打点という“キラーぶり”だ。

 これには現地からも注目が寄せられており、米紙『Dallas Morning News』でレンジャーズを追いかけているエバン・グラント記者は、「オオタニがハイムを攻略できていない」とツイート。米メディア『The Athletic』のエンジェルス番、サム・ブラム記者は「オオタニが喫した今季12失点のうち7失点がハイムによるものだ」と伝えた。

 6回を投げ終えて降板し、勝ち越しは許さなかった大谷。一方の打席では、ファーストゴロ併殺打、空振り三振、セカンドゴロ、サードゴロ、空振り三振という内容に終わり、6試合ぶりのノーヒットとなった。なお、チームは延長戦の末、5対6のサヨナラ負けで今季初の3連敗を喫している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】「君にカーブは恐い」大谷翔平が放った圧巻弾に元同僚は戦々恐々。「ショウヘイは本気で世界記録を破る」と賛辞も

【関連記事】大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日――ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング