専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、マウンドで「クソッ」! 窮地を乗り切った“ギアチェンジの瞬間”に米識者も注目「こういう時は炎と情熱をたぎらせる」

THE DIGEST編集部

2022.05.20

フラストレーションも募る場面で、自分を戒めた大谷。その姿に米識者たちも賛辞を送った。(C)Getty Images

フラストレーションも募る場面で、自分を戒めた大谷。その姿に米識者たちも賛辞を送った。(C)Getty Images

 偉才が窮地で見せた振る舞いが話題を呼んでいる。

 現地でもクローズアップされているのは、5月18日(現地時間)に行なわれたテキサス・レンジャーズ戦での一幕だ。6回裏に1死から二者連続でツーベースヒットを打たれて同点とされていた大谷が、なんとか2死までこぎつけて、相手の8番アンディ・イバニェスを迎えた局面だった。
【動画】米メディアでも話題となった叫び! 大谷翔平の「本気の姿」をチェック

 たった2球で追い込むも、そこから粘られた大谷。すると、5球目に外角低めへと投じたスライダーが大きく逸れて捕手のチャド・ウォラックが後逸。この間に進塁した勝ち越しのランナーを三塁に置き、ピンチで投げ込んだ渾身の100.8マイル(約162.2キロ)の4シームはコースから外れてボールとなる。

 あと1球。されど1球。焦って勝負を決めに行こうとするあまり、力んでしまい制球を乱してしまった大谷は、ここでウォラックが送ったサインに何度も首を振る。6回目でようやくサインに頷いた背番号17は、すっとバッターから目線を外すと、自らを鼓舞するかのようにFワードを用いて「クソッ」と叫んだ。
 
 そして勝負の7球目に投じた84.3マイル(約135.6キロ)のカーブで、見事にイバニェスを三塁ゴロに。なんとかピンチを免れたのである。

 おそらくフラストレーションも溜まっていたのだろう。それでも要所で自らを奮い立たせ、難局を乗り切った。惜しくもチームはサヨナラ負けを喫したが、大谷がここぞの場面で見せたピッチングは、現地識者や専門メディアで反響が広がっている。

 MLBなどを中心に研究を重ね、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏は「本気のショウヘイだ」と紹介。これに反応したエンジェルスの専門メディア『Angels Win』は「このバージョンのオオタニが大好きでたまらない。こういう時はマウンドで炎と情熱をたぎらせるんだ」と興奮気味に絶賛した。

 打順的には下位の打者ではあった。それでも自らを駆り立て、しっかりとゼロで抑えた大谷の熱投に、エースの気迫を見た。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平が見せた断固たる“続投意思”に反響! 米メディアは「オオタニはコーチたちを丁寧に断った」と注目

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

【関連記事】出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング