専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

野球ファンは大谷翔平&トラウトのトレードを切望!? 米記者がSNS上の声を紹介「消費されるのを見たくない」「勝てるチームでプレーを」

THE DIGEST編集部

2022.06.10

ようやく連敗を脱出したエンジェルス。トラウト(左)と大谷(右)のふたりの活躍をプレーオフでも見たいものだ。(C) Getty Imgaes

ようやく連敗を脱出したエンジェルス。トラウト(左)と大谷(右)のふたりの活躍をプレーオフでも見たいものだ。(C) Getty Imgaes

 球団ワーストの14連敗を喫していたロサンゼルス・エンジェルスだが、現地6月9日(日本時間同10日)に行なわれたボストン・レッドソックス戦でようやく連敗がストップした。

 5月半ばまで、エンジェルスは首位のヒューストン・アストロズが手の届くところにいた。打撃はテイラー・ウォードとマイク・トラウトが絶好調で、地元メディアのSNSでは「MLB最強のワンツーパンチだ」と話題に上がった。大谷は打撃でこそ昨年の調子は取り戻してはいなかったが、現地5月5日のボストン・レッドソックス戦で7回を6安打無失点、11三振を奪う快投で今季3勝目を挙げるなど、投手として昨年以上の活躍を見せていた。
【関連記事】「なんてことだ!」大谷翔平の“あわや大惨事シーン”に米記者もヒヤリ! 折れたバットが直撃寸前「恐ろしい瞬間だった」

 そんなノリに乗ったエンジェルスがこのような姿をさらけだすとは誰もが思っていなかったことだろう。ファンが望んでいたのは10月に大活躍するエンジェルスのスーパースター、トラウトと大谷の姿ではないだろうか。

 窮地にあるふたりに対し、海外スポーツメディア『Sportskeeda』のネイサン・ボルコウスキー記者は「ファンは、このコンビがワールドシリーズで優勝するのを見たいのであり、それはロサンゼルス・エンジェルスでは不可能に見えるのである」と言及している。

 トラウトは2011年よりエンジェルスに在籍し、MVP3回、シルバースラッガー賞7回を獲得し、誰もが認めるMLB現役最高の選手であるが、彼の輝かしいキャリアの中でプレーオフに出場したのは一度だけである。昨季満場一致でMVPを獲得した大谷翔平は一度もプレーオフの経験はない。
 
 同記者は「今、ファンはマイク・トラウトと大谷翔平をエンジェルスから引き離そうと試みている」と述べ、各チームのファンが自分の贔屓のチームに2人をトレードするようにと呼びかけているツイートを紹介している。

 その中には「野球界で最も偉大な2人は10月にプレーする資格が必要だ」「勝利するチームでプレーすべきだ」と強いチームへのトレードを望むものや、「2人を有効に活用しようとするチームにトレードしてほしい。2人がチームに浪費されるのを見たくはない」というエンジェルスに批判めいたツイートもある。

 もちろん主軸のシーズン半ばでのトレードはあり得ないが、エンジェルスが低迷するにつけ、各チームのファンに妄想を膨らませる機会を与えているのは確かである。

 しかし、どのチームのファンであれ本来望んでいることはエンジェルスのユニフォームを着て、ワールドシリーズを闘うスーパーデュオの姿なのではないだろうか。ようやく連敗から脱出したエンジェルス。大谷の投打にわたる活躍で掴んだ勝利が反撃の合図となるか、ここからが注目だ。

構成●THE DIGEST編集部
【動画】連敗阻止へ、大谷が値千金の逆転12号2ラン!

【関連記事】「ワンマンショーだ!」15連敗を阻止した大谷翔平の12号2ランに米記者も熱狂! 二刀流での活躍を「当たり前だと思ってはいけない

 

NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング