専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

【プレミア12|採点&寸評】日本5-3韓国|山田、坂本の上位打線が獅子奮迅の活躍!捕手・會澤も攻守に渡って大きく貢献

氏原英明

2019.11.17

2番の役割を果たした坂本。1回の四球による出塁は効いていた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

2番の役割を果たした坂本。1回の四球による出塁は効いていた。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

[プレミア12決勝]日本5-3韓国/11月17日/東京ドーム 【侍ジャパン・総評】 7.0  侍ジャパンが初優勝。初回に3点の先行を許したが、逆転してから日本らしい野球に持ち込んだのは見事。1回裏、鈴...
[プレミア12決勝]日本5-3韓国/11月17日/東京ドーム

【侍ジャパン・総評】
7.0

 侍ジャパンが初優勝。初回に3点の先行を許したが、逆転してから日本らしい野球に持ち込んだのは見事。1回裏、鈴木誠也の適時二塁打で反撃を開始すると、3回は走者を2人置いて山田哲人の3点本塁打が出て逆転。投手は2番手の高橋礼以降の投手がピシャリと抑えた。采配面では、1回で先発の山口に見切りをつけたのが大きかった。

<野手>
MAN OF THE MATCH
1 一 山田哲人(ヤクルト)6.5

 これまでらしい打撃は鳴りを潜めていたが、決勝の舞台でついに覚醒。2回裏の第2打席で3点本塁打。カウント3-2からのストレートを見事に運んだ一発だった。

2 遊 坂本勇人(巨人)6.5
 1回に3点を先行されての攻撃で、1死から四球で出塁。鈴木誠也の二塁打で生還した。嫌なムードで1回裏を迎えていただけに、貴重な出塁だった。7回にも追加点となる好機を演出した。
 
3 中 丸佳浩(巨人)5.0
 今日は彼の日ではなかった。先発のサウスポー・ヤンヒョンジョンに全くタイミングが合わずに2三振。ヤンが交代してからも、バッティングを崩れたままだった。

4 右 鈴木誠也(広島)6.0
 3点の先行を許してからの追撃タイムリー。沈みかけていたチームが息を吹き返す貴重な適時打だった。

5 指 浅村栄斗(楽天)6.0
 2打席目はパーフェクト・インサイドアウトの技術をいせてライト線への二塁打。7回には欲しかった1点を、丸、鈴木が凡打した後に放った
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング