専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「瞬きしないでください」大谷翔平の14号&15号ロケット弾に米メディアも惚れ惚れ!「ショウヘイのスイングは本当に美しい」

THE DIGEST編集部

2022.06.22

自己最多となる8打点を記録した大谷。美しいスイングに米メディアも感嘆の声を漏らしている。(C)Getty Images

自己最多となる8打点を記録した大谷。美しいスイングに米メディアも感嘆の声を漏らしている。(C)Getty Images

 現地時間6月21日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場。第3打席に14号、第5打席に15号を放つなど、4打数3安打8打点と大爆発した。

【動画】「本当に美しい」米メディアも惚れ惚れ!大谷翔平の15号ロケット弾をチェック

 1対6と5点ビハインドで迎えた6回無死一、二塁の場面だった。大谷は、相手先発右腕ジョナサン・ヒーズリーと対戦。カウント2-2からの6球目、ど真ん中に甘く入った直球を捉えると、打球速度111.5マイル(約179.4キロ)の豪快な一発を右中間スタンドへ。8試合ぶりとなる14号3ランを鮮やかに決めた。

 さらに、3点を追う9回1死一、二塁の場面、大谷は相手リリーフ右腕スコット・バーロウが投じたカーブを完璧に捉えると、打った瞬間それとわかる会心の一発を右翼席へ運んだ。15号3ランを放ち、今季4度目の1試合2本塁打をマーク。土壇場で10対10と同点に追いつき、ゲームを振り出しに戻した。

 この大谷のマルチ本塁打に現地メディアからも驚嘆の声が相次いでいる。米メディア『The Athletic』の公式ツイッターは「瞬きしないでください。そうしないと、ショウヘイ・オオタニのショーを見逃してしまいます。ロサンゼルスの夜に時速111.5マイルのロケット弾!」と評すと続けて、「彼の爆弾は、オゾン層を破壊する勢いです」と評している。
 
 また、米スポーツ専門メディア『FanDuel Sportsbook』も実際の映像を共有したうえで「ショウヘイ・オオタニのスイングは本当に美しい」と綴ると続けて、「今日、彼は2度も3ランホームランを放った」と驚きをもって呟いている。

 試合は延長までもつれる大接戦となり、チームは11対12で悔しい敗戦となったが、大谷は自己最多の8打点を記録。メジャーでの1試合最多打点は、2019年9月7日のシカゴ・ホワイトソックス戦でマークした5だった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平の“まさかの勘違い”シーンが話題!審判にフレンドリーに挨拶を交わす姿に現地記者は爆笑「友達じゃないよ」

【関連記事】「だからベースボールは最高なんだ」子供ファンとイケメン男性が起こした“奇跡”に脚光。ボールの神様がほほ笑む

【関連記事】DH部門で逆転ファン投票選出は難しい情勢だが…大谷翔平「2年連続オールスター出場」の条件<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング