専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平は史上最高だ。ボンズらと比較されても米紙が揺るぎない評価を強調する理由「オオタニのような選手はもう出てこない」

THE DIGEST編集部

2022.06.25

球史の残る名スラッガーとして名を馳せたボンズ(右)。そんな強打者と比較しても大谷(左)に対する評価は揺るぎない。(C)Getty Images

球史の残る名スラッガーとして名を馳せたボンズ(右)。そんな強打者と比較しても大谷(左)に対する評価は揺るぎない。(C)Getty Images

 球界で異彩を放つ天才が真価を発揮した。ロサンジェルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

 彼に対する評価がここにきて高まるキッカケとなったのが、現地時間6月21日から本拠地で2日間にわたって行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズとの連戦で魅せた出色のパフォーマンスである。

 まず、現地時間6月21日の試合に「3番・DH」で出場した大谷は、6回と9回にそれぞれ3ランを放つ離れ業を披露。翌22日の試合では「2番・DH兼投手」で先発登板を果たすと、8回(108球)、2安打無失点、キャリア最多の13奪三振をマーク。チームを勝利に導くとともに自身の6勝目を挙げた。

 あの“野球の神様”ベーブ・ルースでも成しえなかった1試合8打点を記録した翌日に13奪三振をマークした投手となった大谷。2日間で見せた文字通りの歴史的活躍に反響は収まる気配がない。
 
 ピッツバーグに拠点を構える米紙『Pittsburgh Post-Gazette』は「ショウヘイ・オオタニは史上最高の野球選手だ。まさに時代だ」と銘打った特集記事を掲載。そのなかで「野球に関するあらゆる議論は大歓迎だが、もしも話題が『史上最も偉大な野球選手』であれば、議論の余地はない。答えはただひとつだ。それはベーブ・ルースではない。ショウヘイ・オオタニだ。以上」と断言した。

 大谷が「史上最強の選手」と断言する理由は明確だ。同紙は、かつて贔屓球団であるパイレーツで頭角を現したバリー・ボンズら伝説的な名手たちを引き合いに、こう記している。

「全盛期という点で、オオタニの他に誰が『史上最高だ』というのだ? ウィリー・メイズ? バリー・ボンズ? たしかにメイズは12年連続で40本近くの本塁打を放ち、ギリシャの神のような力を発揮。ボンズのやってのけたことは言うまでもないだろう。だがいずれも投手兼任ではなかった。ましてや、(大谷のような)エリート級の投手でなかったことは言うまでもない。これは重要な点なのだ。

 では、通算417勝、3509奪三振のウォルター・ジョンソンこそ史上最高か? たしかに投手としてははるかに優れているだろう。だが、彼は打者ではない。ましてや、エリート級のスラッガーでなかったことは言うまでもない。オオタニが一夜でやってのけた8打点や、打球初速114マイル(183キロ)の本塁打を放ったことなどない」

 レポートの最後に「オオタニのような選手は今までいなかった。さらに言えば、これから先にもう出てこないかもしれない」と締めくくった同紙。“野球の本場”のメディアで、こうした評価が当たり前のように出てくるのが、大谷の凄みを何よりも物語っていると言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ジャッジたちは忘れなさい」大谷翔平の2年連続MVPに現地メディアは太鼓判!「オオタニが毎年獲得するから別の賞を作らないと」と“同情”も

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】「オオタニは超人だ」“神様”ルースも成しえなかった大記録も作った大谷翔平に米識者から賛辞続々!「地球上で最高」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング