専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【データで見る「後半戦要注目選手】セ・リーグ編】虎ケラーの投球はサファテ級! 中日・京田の不振の原因は“不運”?<SLUGGER>

DELTA

2022.07.29

打撃不振でレギュラーもはく奪された京田だが、後半戦は上向く可能性を示唆するデータも。果たして結果はどうなる?写真:THE DIGEST

打撃不振でレギュラーもはく奪された京田だが、後半戦は上向く可能性を示唆するデータも。果たして結果はどうなる?写真:THE DIGEST

 プロ野球は前半戦が終了。大記録が飛び交った2022年前半戦だが、期待を裏切ってしまった選手もいる。今回は後半戦の巻き返しが期待できるセ・リーグの3選手をピックアップした。

●上茶谷大河(DeNA)
10登板 50.2イニング 2勝6敗 防御率5.15

 上茶谷は2勝6敗、防御率5.15で前半戦を終えた。防御率7.15でシーズンを終えた前年に引き続き不調と見る向きもあるかもしれない。しかしよくよくデータを眺めると、失点増加は単に調子が悪いことが原因ではないことが分かってくる。

 注目したいのが「LOB%」という指標だ。LOB%とは投手が出した走者を還さなかった割合を表す。この指標は平均が75%前後となるが、今季の上茶谷は54.5%。他の投手に比べ、出した走者を多く生還させてしまっていたようだ。ただ、この指標は投手の力量とは関係なく上下動しやすい指標として知られている。つまり、上茶谷が多く走者を還しているのは運の要素も大きいということだ。

 実際、投球内容を見ると、今季の上茶谷は好成績を残したルーキーイヤーの2019年と遜色ない。守備や運の影響を受けやすい防御率ではなく、投手の実力が反映されやすい指標を見るとよく分かる。

 奪三振割合(奪三振/打者)は19年の17.5%に対し今季は18.3%、与四球割合(与四球/打者)は19年の8.7%に対し今季は5.6%。むしろ投球内容は1年目よりも良くなっていて、後半戦は「運」が揺れ戻してくれば、成績を持ち直す可能性は高い。
 
●カイル・ケラー(阪神)
13登板 12イニング 0勝2敗1H 防御率4.50

 もう1人投手で紹介したいのが、阪神の新外国人投手ケラーだ。初登板から2戦連続でセーブシチュエーションから逆転負けを許す背信投球もあって、ここまでは防御率4.50と結果を残せていないように見える。しかし、6月に再昇格した後は素晴らしい投球を続けている。とりわけ注目したいのは奪三振と与四球だ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング