専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【甲子園「注目野手」10人】高松商・浅野と大阪桐蔭・松尾を絶対に見逃すな。“村神様”の弟・慶太のパワフルな打撃にも期待<SLUGGER>

西尾典文

2022.08.05

世代を代表する大型捕手の松尾(右)、超強打者の浅野(左)を筆頭に野手にも好素材が多数揃う。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

世代を代表する大型捕手の松尾(右)、超強打者の浅野(左)を筆頭に野手にも好素材が多数揃う。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

 8月6日に開幕する全国高校野球選手権。高校生のドラフト候補にとっては最後の大きなアピールの場となるが、特に注目に値する野手を10人ピックアップした。

●山浅龍之介(聖光学院3年/捕手/175cm・82kg/右投左打)
 東北を代表する強肩強打のキャッチャー。2.00秒を切れば強肩と言われるセカンド送球は1.8秒台をマークし、センバツでも見事なスローイングを披露した。打撃も春から夏にかけて力強さがアップし、福島大会では4割を超える打率をマーク。甘いボールはスタンドに運ぶ長打力も備えている。センバツでは2試合で2安打のみに終わっただけに、夏はその悔しさを晴らす活躍に期待したい。

●松尾汐恩(大阪桐蔭3年/捕手/178cm・76kg/右投右打)
 世代ナンバーワンの呼び声高い強打の捕手。キャッチャーとしては細身に見えるが、リストの強さと振り出しの鋭さは圧倒的で、軽々とスタンドに運ぶ力がある。昨年秋の明治神宮大会決勝、春のセンバツ決勝と大事な試合で力を発揮するのもプロ向きと言える。キャッチングにまだ不安は残るものの、フットワークと地肩の強さは抜群。攻守の要として春夏連覇達成のキーマンとなるのは間違いない。
 
●渡部海(智弁和歌山3年/捕手/179cm・79kg/右投右打)
 旧チームからの不動の正捕手で、昨年夏の全国制覇にも貢献。新チームになってからスローイング、バッティングともに力強さがアップし、近畿では松尾と並ぶ存在と言える。この夏も決勝で2本塁打を放つなど、さらにスケールアップしたところを見せた。捕手出身の中谷仁監督の信頼も厚く、攻守ともに安定感が光る。春の近畿大会に続いて大阪桐蔭との対戦となれば、松尾との捕手対決に高い注目が集まることになるだろう。

●佐倉侠史朗(九州国際大付2年/一塁手/182cm・104kg/右投左打)
 九州を代表する巨漢のスラッガー。センバツでも力強い打撃を見せて注目を集めた。夏前に調子を落として打順も下げられていたが、大会が始まると見事復調。7試合で打率5割、3本塁打、17打点と圧倒的な成績を残している。バッティングはパワーだけでなく柔らかさがあり、左方向にも大きい当たりを打てるのが持ち味。守備、走塁はまだまだだが、打撃に関しては下級生ながら全国トップクラスの選手だ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング