専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「MVP候補の競演だ」大谷翔平29号→ジャッジも50号。怪物打者の一発で“敵地”エンジェル・スタジアムにMVPコールが鳴り響く

THE DIGEST編集部

2022.08.30

大谷に負けじとジャッジも見事なホームラン。ついに50号の大台に乗せた。(C)Getty Images

大谷に負けじとジャッジも見事なホームラン。ついに50号の大台に乗せた。(C)Getty Images

 これが球界最強を争う男たちの実力、ということか。

 メジャーリーグは現地時間8月29日、ロサンゼルス・エンジェルスとニューヨーク・ヤンキースの一戦が行なわれ、大谷翔平とアーロン・ジャッジの“MVP対決”が大きく注目された。そして両者とも、その期待に応える見事なホームランを叩き込んでみせた。

 まず魅せたのは、二刀流として輝きを放つ昨季のMVP大谷だ。2対2で迎えた5回裏2死一塁の第3打席、大谷派カウント1-2からの4球目、外角低めに投じられた相手右腕フランキー・モンタスの決め球スプリッターをうまく拾い上げると、右翼スタンドへ突き刺さる勝ち越し2ランを放った。

 前日28日のトロント・ブルージェイズ戦では、登板翌日に28号を放っておりこれで2試合連発。2年連続の30本塁打にリーチをかける29号で、MVP対決の行方は大谷に軍配が上がった……かに見えた。しかし、もう一人の怪物スラッガーも眠っていただけではなかった。
 
 ヤンキースが2対4と2点を追う8回表、ジャッジがライアン・テペラからセンター後方へソロ本塁打を叩き込んでみせる。これでジャッジはついに50号本塁打の大台に到達。ヤンキースの選手で8月終了前に50号は1961年のロジャー・マリス(51本)に次いで2人目のスピード記録であり、通算2度目の年間50本塁打も史上10人目の快挙となった。

 両雄の見事な打棒に現地も沸き立つ。大谷マニアとして知られる『FOX Sports』のベン・バーランダーが「アーロン・ジャッジが50本塁打に乗せた! MVP最有力の2人が見事な競演だ」と大興奮。さらに、エンジェルス本拠地にもかかわらず、詰めかけた多くのヤンキースファンも「MVPコール」を送り、大谷とジャッジの“応援合戦”も熱を帯びていた。

 まだまだシーズン終了まで試合は残っている。大谷とジャッジは果たしてどんな伝説を残し続けるのか。その一挙手一投足に注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平vsジャッジのMVP論争はMLB公式番組でも白熱! 元スターは「ショウヘイは毎日歴史を作る!」と再強調

【関連記事】「なんてこったぁ!」大谷翔平の“心温まる対応”に敵地ファンが感動!子どもが喜ぶ姿に海外記者もほっこり

【関連記事】「夢はすべて叶った」笑顔の大谷翔平が見せた“脱帽シーン”に敵記者も感嘆!「オオタニとの距離はグッと縮まった」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング