専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

「あまりに差のある敗北だ!」「精神力の時代は過ぎた」いまだ尾を引く日韓戦2連敗、韓国メディアが侍ジャパンに白旗!

THE DIGEST編集部

2019.11.29

プレミア12の日韓2連戦で韓国は連敗。母国メディアはこの結果に警鐘を鳴らした。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

プレミア12の日韓2連戦で韓国は連敗。母国メディアはこの結果に警鐘を鳴らした。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 日韓戦での2連敗は、あまりに衝撃的だったようだ。  11月2日から17日にかけて行なわれたプレミア12は、稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンが大会初優勝を飾り、大盛況の中で幕を閉じた。とりわけ、侍ジャ...
 日韓戦での2連敗は、あまりに衝撃的だったようだ。

 11月2日から17日にかけて行なわれたプレミア12は、稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンが大会初優勝を飾り、大盛況の中で幕を閉じた。とりわけ、侍ジャパンの勝負強さが際立ったのが、スーパーラウンド最終戦→決勝と続いた韓国との2連戦だろう。16日のスーパーラウンドでは10対8、翌日の決勝では5対3といずれも2点差を付け、宿敵に地力の差を見せつけた。

 この結果には、韓国メディアも相当にショックを受けたようだ。大会終了から1週間も経った24日、韓国全国スポーツ紙の『スポーツソウル』が、「あまりに実力差があった」とセンセーショナルな見出しを打って、日韓戦の分析記事を掲載したのである。

「惜しかった、というにはあまりに差のある敗北だ」と切り捨てた同紙は、2019年の韓国プロ野球を制したキム・テヒョン監督(斗山ベアーズ)を直撃。名将の「日本の投手陣が優れていた。あの投球をどうやって打てばいいのか。あまりに実力差があった」というコメントを紹介したうえで、「キム監督の言葉通りと言わざるを得ない。日本は非常に細かい投手ローテーションを組んだ。決勝戦では高橋礼と田口麗斗が2イニングずつを消化し、残りの投手が各1イニングずつ投げる投手交代策を敷いていた。特に6回から8回までを担当した中川皓太、甲斐野央、山本由伸らは150キロ以上の速球と140キロ台のフォークボールなどを駆使し、韓国打線を封じ込めた」と侍投手陣への完敗を認めた。
 
 また、同紙は自国エースの不振を嘆き、「韓国の“エース”ヤン・ヒョンジョンでさえ、決勝戦では日本の打撃陣の前に打ちのめされた」。あわせて、「日韓戦2試合どちらも観たが、力なく敗れたことが残念だった。日本の打撃陣はとても良かった。しっかりとスイングしタイミング良くミートさせていて、韓国は押されてしまった」という関係者のコメントも報じている。

 実際に韓国は細かいミスが目立ち、チームとして噛み合わないまま終戦している。日本戦ともなれば、メラメラと闘志を燃やして挑んできた、かつての面影は全く感じられなかった。
 

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング