専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【識者が選ぶベストナイン】ホークスからの選出はゼロ。セ・リーグ一塁は岡本も捨てがたいが…【出野哲也】

出野哲也

2019.11.25

強力打線を抑えての防御率1点台だけに山本の評価は高い。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

強力打線を抑えての防御率1点台だけに山本の評価は高い。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 25日、セ・パ両リーグのベストナインが発表された。しかし、千差万別。見る人・評価する人が違えば、その結果は異なってくる。『THE DIGEST』では、プロ野球に精通する識者ふたりに、それぞれの視...
 25日、セ・パ両リーグのベストナインが発表された。しかし、千差万別。見る人・評価する人が違えば、その結果は異なってくる。『THE DIGEST』では、プロ野球に精通する識者ふたりに、それぞれの視点で「ベストナイン」を選んでもらった。

  ◆   ◆   ◆

【パ・リーグ】投手は山本、有原、千賀の争い
 打撃タイトルを独占した西武から多くの野手が選ばれるのは当然だ。中でも議論の余地がないのは、首位打者の森友哉と本塁打王の山川穂高。守備力重視で甲斐拓也(ソフトバンク)を推す向きもあるかもしれないが、パ・リーグの捕手では野村克也以来の首位打者となった森の打撃成績は、歴史的レベルとさえ言えた。打点王の中村剛也、多くの打撃部門で上位に入った秋山翔吾も文句なしだろう。

 二遊間は外崎修汰、源田壮亮の西武勢と、楽天の浅村栄斗、茂木栄五郎との争い。打撃成績は楽天の2人が優勢ながら、遊撃は卓越した守備力を買って源田に軍配を上げたい。外野は秋山の他、打率(.322)、OPS(.956)リーグ2位の吉田正尚(オリックス)が当確。もう1席は西川遥輝(日本ハム)が例年ほどの成績ではなく、自己最高の数字を残した荻野貴司(ロッテ)がふさわしい。
 
 DHはデスパイネ(ソフトバンク)を出塁率・長打率で上回ったブラッシュ(楽天)
を選出。残る投手は最多勝の有原航平(日本ハム)、防御率1位の山本由伸(オリックス)、奪三振王の千賀滉大(ソフトバンク)の三つ巴だが、規定投球回数ぎりぎりではあっても防御率1点台、あの西武打線を24.1回で自責点1と完璧に封じた山本を選んだ。結果的に日本一のホークスからは選出者ゼロとなった。

【パ・リーグ】
投手:山本由伸(オリックス)
捕手:森友哉(西武)
一塁手:山川穂高(西武)
二塁手:浅村栄斗(楽天)
三塁手:中村剛也(西武)
遊撃手:源田壮亮(西武)
外野手:吉田正尚(オリックス)
外野手:秋山翔吾(西武)
外野手:荻野貴司(ロッテ)
指名打者:ブラッシュ(楽天)
 
NEXT
PAGE
セ・リーグは投手、一塁が難しい選択になったが…

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング