専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ヨシダは出塁マシン」米メディアが吉田正尚のNPBスタッツに注目!MLB公式は“先輩”イチロー以来の新人首位打者と予測

THE DIGEST編集部

2023.01.24

レッドソックスに入団した吉田(左)。MLB公式は吉田をイチロー(右)以来の新人首位打者になると予測している。写真:鈴木颯太朗、(C)Getty Images

レッドソックスに入団した吉田(左)。MLB公式は吉田をイチロー(右)以来の新人首位打者になると予測している。写真:鈴木颯太朗、(C)Getty Images

 29歳の日本人ルーキーに注がれる注目度は、日増しに熱を帯びている。

 現地1月20日、米スポーツメディア『Roto Baller』はオリックス・バファローズからポスティングシステムを利用してボストン・レッドソックスに入団した吉田正尚の今シーズンの展望記事を掲載している。

 同メディアは「NPBの出塁マシン、マサタカ・ヨシダには大きな利点がある」と強調し、「ヨシダは5年総額9000万ドル(約119億円)の契約にサインし、大きなインパクトを与える態勢を整えた」とオリックスを26年ぶりの日本一に導いたバットマンに高い関心を寄せた。

 また、記事では、吉田の昨シーズンのスタッツにも注目し、「ヨシダの2022年シーズンは21本塁打、88打点、80四球、三振はわずか41という少なさだ。しかも打率.335、出塁率.447、長打率.561と水準以上だ」とNPB7年間で培った高い数字を指摘した。

 続けて同メディアは「彼は三振を最小限に抑えながら、驚異的な打率で出塁する」としたうえで、「この左打者は出塁マシンとして、ルイス・アライズ(マイアミ・マーリンズ)と比較されるかもしれない。もしアライズのような成績を残せば、“ラ・レガデラ”(アライズの愛称)も絶対に興奮するはずだ」と昨年ア・リーグ首位打者(.316)に輝いた安打製造機を例に挙げ、吉田の打棒に期待を寄せている。
 
 他にも、MLB公式サイト『MLB.com』は吉田がメジャー1年目で、どのような成績を残すのか予想している。22日、同サイトは「10部門のスタッツ1位予想」で、吉田の今シーズンの打率を.298と予測している。これは、米野球専門サイト『FanGraphs』の成績予測システム「Steamer」を用いた見解である。

 記事によると、「NPBからMLBに入団したルーキーのなかで、新人年に首位打者を獲得すれば、同じオリックス出身のイチロー以来だ。イチローは2001年シアトル・マリナーズで、ア・リーグ首位の打率.350をマークしたが、ヨシダの2023年シーズンの打率は.298と予測する。NPB時代の7年間は通算打率.327で、そのうち2022年は打率.335、OPS1.008、本塁打は21本だった」と評されている。

 過去メジャーでは打率2割台の首位打者はおらず、この数字には疑問符がつくが、それだけ吉田に対する専門メディアの評価は高いと言える。はたして、MLBの舞台でもその打棒は通用するのだろうか。29歳の日本人に注がれる注目度は高まるばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】吉田正尚が米専門誌の若手有望ランク入りも“懐疑的”な低評価に地元メディアが異論「NPBキャリアを忘れるな」

【関連記事】米データ分析サイトが吉田正尚の2023年スタッツを予測! 好成績の内容に米メディアは「オフシーズンの投資を正当化させるものだ」と反応

【関連記事】MLB公式の「驚くべき12選手」に大谷翔平&吉田正尚が選出!「二刀流スーパースター」がNo1に上り詰めるには?
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング