専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【球団別即戦力ルーキー診断:セ・リーグ】巨人の本格派右腕2人はリリーフ向き。牧は打撃の安定感が魅力

西尾典文

2021.01.12

▼DeNA
牧秀悟(2位・内野手・中央大)

 大学生野手では最も即戦力に近い存在で、ドラフトで一番人気を集めた佐藤輝明(近畿大→阪神1位)よりも打撃の安定感は明らかに上だ。下半身が強く、ステップに粘りがあるため高いレベルの緩急にも対応できる。広角に打ち分ける上手さがあり、甘いボールはスタンドまで運ぶパワーも申し分ない。元々ショートで、守備力の高さも魅力だ。三塁の宮崎敏郎がベテランの域に差し掛かっているだけに、チームとしても早くからの抜擢に期待したい。

▼広島
栗林良吏(1位・投手・トヨタ自動車)

 セ・リーグのルーキーの中で最も即戦力度が高いのが栗林だ。大学時代から十分に指名されるだけの実力はあったが、社会人の2年間ですべてにおいてレベルアップを果たした。ストレートはコンスタントに145キロを超え、緩急をつけるカーブ、決め球のスライダー、フォークなど変化球の質も高い。長いイニングを投げ切るスタミナも十分だ。時折、勝負球が浮くのは課題とはいえ、大崩れすることはほとんどない。新人王の筆頭候補と言えるだろう。
 
▼ヤクルト
木沢尚文(1位・投手・慶応大)
並木秀尊(5位・外野手・独協大)

 木沢は度重なる故障を乗り越え、最終学年で大きく力強さがアップした印象を受ける。球速の割に空振りが奪えないストレートは課題だが、鋭く変化するカットボールはプロでも通用する可能性が高い。手薄な投手陣の救世主として期待したい。野手で面白いのが並木だ。打撃は苦労しそうだが、プロでも上位に入る脚力は大きな魅力で、肩の強さも申し分ない。上田剛史に代わる外野のスーパーサブとして、1年目から一軍に定着する可能性は十分だ。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング