専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2021ドラフト展望最前線】過去にないほど高校生投手の逸材が豊富。”人気銘柄”の右の強打者にも好素材

西尾典文

2021.01.05

中学時代から注目を集めてきた森木以外にも、高校生投手に逸材が多い。写真:産経新聞社

中学時代から注目を集めてきた森木以外にも、高校生投手に逸材が多い。写真:産経新聞社

 元旦から「2021年ドラフト候補ランキング」として50人を紹介した。それを踏まえ、改めて現時点でのドラフト戦線を展望してみたいと思う。

【表】2020ドラフト候補ランキング1~50位一覧(1月1日時点)

 昨年は1位指名12人のうち8人が大学生という結果になったが、今年の中心となりそうなのが高校生投手だ。小園健太(市立和歌山高)、畔柳亨丞(中京大中京高)、風間球打(ノースアジア大明桜高)、森木大智(高知高)、関戸康介(大阪桐蔭高)、松浦慶斗(大阪桐蔭高)と上位にランクインした選手はすでに最速150キロを超えており、スピードだけでなくある程度の完成度も備えている。

 早くもヤクルト、中日が高校生投手を1位候補にリストアップという報道が出ているが、この時期にこれだけ複数の投手の名前がスラスラと出てくる年は過去を振り返っても例のないことだ。風間と森木以外の4人と、22位にランクインした木村大成(北海高)は選抜出場も濃厚なだけに、甲子園での投球次第で一気に目玉となることも考えられる。
 
 また、高校生は投手でなく野手もすでに多くの名前が挙がっている。特に強打者タイプが多いのが特徴的で徳丸天晴(智弁和歌山高)、吉野創士(昌平高)、池田陵真(大阪桐蔭高)、前川右京(智弁学園高)、有薗直輝(千葉学芸高)などが代表格。前川以外の4人は、近年プロが重宝している右打者というのも魅力だ。

 大学生投手で中心となりそうなのが、左腕では佐藤隼輔(筑波大)、鈴木勇斗(創価大)、右投手では椋木蓮、徳山壮磨(早稲田井)だ。頭一つリードしている印象を受けるのが佐藤。杉本友(筑波大→1996年オリックス1位)以来となる国立大学からの1位指名の可能性も高そうだ。高校時代からの知名度では甲子園優勝投手である徳山がナンバーワン。早川隆久(楽天1位)が抜けた今年はエースとして盤石の投球に期待したい。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング