専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

90年代に一世を風靡したペニー・ハーダウェイが「自分を彷彿とさせる」とシンパシーを感じた選手とは?

ダンクシュート編集部

2020.04.06

ドライブからの攻撃を好んだ大型司令塔のペニーにとって、ゴール下にスペースがある現代のバスケは羨ましくもあるという。(C)Getty Images

ドライブからの攻撃を好んだ大型司令塔のペニーにとって、ゴール下にスペースがある現代のバスケは羨ましくもあるという。(C)Getty Images

 201cmのサイズでスコアリングだけでなくゲームメイクもハイレベルにこなす――。華麗なプレーでファンを魅了したアンファニー“ペニー”ハーダウェイは、往年...
 201cmのサイズでスコアリングだけでなくゲームメイクもハイレベルにこなす――。華麗なプレーでファンを魅了したアンファニー“ペニー”ハーダウェイは、往年の名司令塔マジック・ジョンソンを彷彿させる大型ポイントガードとして大きな期待を受けた。怪物シャキール・オニール(シャック)との早期コンビ解消、度重なるヒザのケガで、栄光を掴めないままコートを去った“ガラスのスーパースター”が、『HOOPSHYPE』のインタビューで当時と現代の違いを語っている。

 ペニーが活躍した1990年代は、マイケル・ジョーダン(シカゴ・ブルズ)がいたとはいえ、シャックやアキ―ム・オラジュワン(ヒューストン・ロケッツ)、パトリック・ユーイング(ニューヨーク・ニックス)などがインサイドで猛威を振るったビッグマン全盛期。1試合平均100点を超えるチームは少なく、ハーフコートゲームが主流だった。

 月日は流れ、現代はより攻撃的なスタイルが浸透し、パワーフォワードが外角からシュートを狙う“ストレッチ4”、さらにはゴールデンステイト・ウォリアーズを代表格とする先発全員が3ポイントを打てるような“ポジションレス”の時代に突入している。

 現在、母校のメンフィス大でヘッドコーチを務めるペニーには、自身がプレーした時代とは異なる現代のスタイルが少し羨ましくも映っているようだ。
 
「私がプレーした時代とはだいぶ違ってフロアにスペースがある。当時は4番(パワーフォワード)、5番(センター)がポストでプレーしたがって、ペイントは密集地帯だった。今ではすべてが3ポイントだ。4番と5番はペリメーターにいる。以前よりも選手たちが外に広がって(中央の)レーンがワイドオープンになっている。私に重ね合わせてみれば、素晴らしいことだね」

 ペニーは現役時代、周知のようにトリプルダブルも可能なオールラウンダーだった。現代にもルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)や史上2人目のシーズン平均トリプルダブルを達成したラッセル・ウエストブルック(ヒューストン・ロケッツ)、身長208cmを誇る超大型司令塔のベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)ら有能な万能戦士が揃う。

 しかし“ある選手”以来、「共通点がある」と感じた選手はいないという。それが、ブランドン・ロイ(元ポートランド・トレイルブレイザーズほか)だ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング