専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レイ・アレンが2013年ファイナルの劇的弾を回顧「ボッシュにどうして僕にパスしたか聞いたんだ。そしたら彼は…」

秋山裕之

2020.04.14

2013年ファイナル第6戦、絶体絶命のピンチを救ったアレンは一躍ヒーローに。連覇の立役者となった。(C)Getty Images

2013年ファイナル第6戦、絶体絶命のピンチを救ったアレンは一躍ヒーローに。連覇の立役者となった。(C)Getty Images

 4月13日(日本時間14日)、『ESPN』がYouTubeで公開したインタビューに、レイ・アレン(元ボストン・セルティックスほか)がゲストとして出演した。

 2018年にバスケットボール殿堂入りしたアレンは、NBAキャリア18シーズンで1300試合(うち先発は1149試合)に出場し、平均18.9点、4.1リバウンド、3.4アシストをマーク。オールスター選出10回、オールNBAチームに2度選ばれた実績を持つほか、2008年にセルティックス、13年にはマイアミ・ヒートでチャンピオンに輝いた。クイックリリースで放たれる美しい3ポイントは芸術的であり、レギュラーシーズンにおける通算3ポイント成功数(2973本)では、今もNBA史上トップに立っている。

 そんなアレンの輝かしいキャリアのなかでも、最もファンの記憶に残っているのが2013年のファイナル第6戦に決めた劇的な同点弾だろう。サンアントニオ・スパーズに2勝3敗と王手をかけられたヒートは、第6戦も残り28.2秒で5点ビハインドという絶体絶命の窮地に。レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)が3ポイントを沈めて2点差に縮めるも、カワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)がフリースローを2投中1本決め、3点差で最後のポゼッションを迎えた。
 
 その後、残り10秒を切って放ったレブロンの3ポイントはリングに弾かれてしまう。インタビューでこの時のことを振り返ったアレンは、「僕らはボールを奪いにいかなきゃいけなかった。僕もペリメーターにいるわけにはいかなかったんだ」とリバウンド争いに参戦。そしてクリス・ボッシュがオフェンシブ・リバウンドをもぎ取ると、すかさず右コーナーへ移動し、残り5.2秒で起死回生の同点3ポイントを沈めたのである。

「CB(ボッシュ)が僕のことを見つけてパスしてくれたんだ。そして史上最高の瞬間が生まれたのさ。彼はあのプレーで全てをやり遂げたと言っていいのかもしれないね。あのあと彼に、『君はどうしてあのボールを僕に託したんだい?』と聞いたんだ。そしたら彼は『冗談でしょ? あなた以外、世界中の誰にも渡そうだなんて思ってなかったよ』と言ったんだ」と、アレンは当時の裏話を披露した。
 
NEXT
PAGE
「あのショットを放った瞬間、僕は怒っていた」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング