専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“72勝ブルズ”と“プレーオフ最強ウォリアーズ”が7戦シリーズで対決したら?クリス・マリンの予想は「爆発的なオフェンス力で……」

秋山裕之

2020.04.24

シーズン72勝をマークした1996年ブルズと、プレーオフ歴代最高勝率を保持する2017年ウォリアーズ。もし対決した場合、はたして勝つのは?(C)Getty Images

シーズン72勝をマークした1996年ブルズと、プレーオフ歴代最高勝率を保持する2017年ウォリアーズ。もし対決した場合、はたして勝つのは?(C)Getty Images

 1997-98シーズンのシカゴ・ブルズを追跡したドキュメンタリー、『ザ・ラストダンス』が大きな注目を集めている。彼らは1990年代に2度の3連覇を達成したことで、NBA史上有数の王朝を構築した。

 名将フィル・ジャクソン・ヘッドコーチ(HC)の下、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンのビッグ3を中心に6度の優勝を果たしたブルズ黄金期において、最も突出していたのが1995-96シーズン。当時のリーグ史上最高成績となる72勝10敗をマークし、フランチャイズ史上4度目のチャンピオンに輝いた年だ。

 そのブルズの記録を塗り替えたのが、2015-16シーズンのゴールデンステイト・ウォリアーズ。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンら生え抜きスターが躍動し、73勝9敗の金字塔を打ち立てた。

 だが、迎えたファイナルではクリーブランド・キャバリアーズ相手に3勝1敗からまさかの3連敗を喫し、優勝を逃してしまう。そこでウォリアーズは2016年夏、現役最強スコアラーのケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)をロースターに加え、翌2016-17シーズンにリーグトップの67勝15敗をマーク。プレーオフでも歴代最高勝率(16勝1敗/勝率94.1%)を記録するなど、圧倒的な強さを見せ覇権奪回に成功した。
 
 ではブルズとウォリアーズ、もし両チームが4戦先勝の7ゲームシリーズで激突したらどうなるのか。この夢のようなマッチアップについて、1人のレジェンドが持論を展開した。4月23日(日本時間24日、日付は以下同)、かつてウォリアーズ、インディアナ・ペイサーズでプレーしたクリス・マリンは、『NBC Sports Bay Area』のインタビューで「私はウォリアーズだと思うね。その理由はあのチームが持つ爆発的なオフェンス力にある」とコメントしている。

 マリンは正確無比のシュート力を武器に活躍した左利きのスコアラーで、1992年のバルセロナ五輪ではジョーダン、ピッペンとともに“初代ドリームチーム”のメンバーに選出。ウォリアーズ時代の1989~93年には5年連続で平均25点以上を叩き出すなど、16シーズンのキャリアで平均18.2点、4.1リバウンド、3.5アシスト、1.55スティールをマークした実力者だ。
 
NEXT
PAGE
マリンはウォリアーズのオフェンス力が上回ると予想

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング