専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ウエストのプレーオフ1回戦3カードが決定!第1シードのレイカーズへの挑戦権を掴むのは?

秋山裕之

2020.08.14

第1シードのレイカーズ(左上)を筆頭に強豪チームが揃うウエスト。1回戦から好カードが目白押しだ。(C)Getty Images

第1シードのレイカーズ(左上)を筆頭に強豪チームが揃うウエスト。1回戦から好カードが目白押しだ。(C)Getty Images

 8月13日(日本時間14日、日付は以下同)、NBAはシーディングゲーム7試合を実施。ウエスタン・カンファレンスのプレーオフ最終スポットの座を巡る激しい戦いが繰り広げられた。

 まず、試合前の時点でウエスト9位のメンフィス・グリズリーズが119-106でミルウォーキー・バックスを撃破。続いて10位のフェニックス・サンズが128-102でダラス・マーベリックスを下し、シーディングゲームで無傷の8連勝をマーク。この結果によって、11位サンアントニオ・スパーズの連続プレーオフ出場記録はNBA史上最長タイの22年で途絶えることとなった。

 そして勝てばプレーイン・ゲームズ出場、負ければ今季終了というマストウィンゲームとなったポートランド・トレイルブレイザーズは、大激戦の末にブルックリン・ネッツを134-133で破り、8位の座を死守。三つ巴のプレーオフレースは、第二幕で旋風を巻き起こしたサンズが脱落した。

 8位のブレイザーズと9位のグリズリーズは、15日からNBA史上初となるプレーイン・ゲームズを戦うこととなる。ブレイザーズは15日に勝利すればプレーオフ出場決定、グリズリーズは15、16日に2連勝が必須条件。プレーオフへの切符を手にしたチームは、1回戦で第1シードのロサンゼルス・レイカーズと相まみえる。

 ここからは17日から開幕するプレーオフにおける、ウエストのファーストラウンド4カードを見ていきたい(チーム名は略称、成績は13日終了時点)。
 
■ウエスタン・カンファレンス プレーオフ1回戦の対戦カード
レイカーズ(1位/52勝19敗)×ブレイザーズorグリズリーズ
クリッパーズ(2位/48勝23敗)×マーベリックス(7位/43勝32敗)
ナゲッツ(3位/46勝26敗)×ジャズ(6位/44勝28敗)
サンダー(4or5位※/44勝27敗)×ロケッツ(4or5位※/44勝27敗)
※14日の試合結果で最終順位が決定

 2010年以来、10年ぶりにウエスト首位を決めたレイカーズは、1回戦でプレーイン・ゲームズの勝者と対戦。シーズン戦績ではブレイザーズに2勝1敗、グリズリーズにも3勝1敗と勝ち越しており、アップセットが起こることは考えにくい。ただ、再開後はディフェンス巧者のエイブリー・ブラッドリーが不在のため、リーグ屈指の爆発力を持つデイミアン・リラードとCJ・マッカラムを擁するブレイザーズには特に警戒が必要だろう。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
サンダー対ロケッツの因縁対決が実現

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング