専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「レブロンという“テスト”を乗り越えなければ」6年ぶりのファイナルへ挑むヒートのバトラーが闘志むき出し

ダンクシュート編集部

2020.09.28

セルティックスを破り6年ぶりのファイナル進出を決めたヒート。バトラー(右)も“打倒レブロン”に闘志を燃やす。(C)Getty Images

セルティックスを破り6年ぶりのファイナル進出を決めたヒート。バトラー(右)も“打倒レブロン”に闘志を燃やす。(C)Getty Images

 9月27日(日本時間28日、日付は以下同)に行なわれたボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートによるイースタン・カンファレンス決勝の第6戦は、125-113でヒートが勝利。4勝2敗でシリーズを突破し、優勝を懸けてロサンゼルス・レイカーズとのファイナルに挑むこととなった。

 東の頂上決戦にふさわしく、一進一退の攻防が繰り広げられたこの試合。第1クォーターはヒートが33-27と6点のリードを奪ったものの、続く第2クォーターは最初の12分間で無得点と低調だったジェイソン・テイタムが12得点をあげセルティックスを牽引。62-60と点差を縮めて前半を終えた。

 後半に入っても両者譲らない展開が続く。第3クォーター開始直後にジェイレン・ブラウンの3ポイントでセルティックスが逆転するも、その後再びリードを奪い返したヒートはアンドレ・イグダーラが連続で3ポイントを沈め、残り4分で差を8点に拡大。しかしセルティックスもケンバ・ウォーカー、ブラウン、マーカス・スマートの得点で食らいつき、88-86とヒートの2点リードのまま最後の12分間へと突入した。
 
 第4クォーター序盤の主導権を握ったのはセルティックス。ブラウンが攻守でハッスルプレーを見せ、残り9分時点で96-90と6点のリードを奪う。しかしヒートもジミー・バトラー、タイラー・ヒロ、バム・アデバヨらの活躍で再逆転し、残り5分半で103-102と、この時点で勝負の行方はまったくわからなかった。

 だがここから3分間、セルティックスは3ポイントがことごとくリングに嫌われ1本もシュートを決められず。逆にヒートはバトラーを中心に13-0のランを仕掛け、残り2分半で116-102となった時点で勝負あり。最終スコアは125-113、終盤に底力を見せたヒートが両軍の激闘に終止符を打った。

 この試合のMVPはアデバヨだろう。レギュラーシーズンも含めキャリアハイとなる32得点に加え、14リバウンド、5アシストと大暴れ。そのほかヒートはバトラー(22得点)、ヒロ(19得点)、ダンカン・ロビンソン(15得点)、イグダーラ(15得点)、ゴラン・ドラギッチ(13得点)と6選手が2桁得点を奪取。チーム全体のフィールドゴール成功率は56.3%、アシスト数は30本と、持ち前のチームバスケットで勝利を掴み取った。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング