専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

来季のカーメロは新たな役割に挑戦?ブレイザーズ首脳陣がベンチ起用を検討

ダンクシュート編集部

2020.11.25

昨季ブレイザーズで復活したカーメロ。36歳のベテランは来季、ベンチ起用が予想されている。(C)Getty Images

昨季ブレイザーズで復活したカーメロ。36歳のベテランは来季、ベンチ起用が予想されている。(C)Getty Images

 カーメロ・アンソニーはレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)やドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュらスター選手を輩出した2003年ドラフトでデンバー・ナゲッツに1巡目3位で指名を受けてNBAデビューを飾った。

 203㎝のフォワードは得意のステップバックジャンパーを筆頭に、身体の強さを生かしたポストアッププレー、ドライブからのフィニッシュなど、多彩な攻撃パターンを武器に、長年リーグを代表するスコアラーとして活躍。16年間のキャリアで平均23.6点、通算2万6446点は史上16位にランクしており、ニューヨーク・ニックス在籍時の2012-13シーズンには得点王に輝いている。

 ただ、17年のニックス退団後はジャーニーマン化。昨季は開幕後も所属先が見つからず、一時は引退も覚悟したという。しかし、昨年11月にポートランド・トレイルブレイザーズと契約すると、先発パワーフォワードとしてコンスタントに2桁得点をあげるなど貴重な戦力に。大黒柱のデイミアン・リラードからも「彼は脅威。チームに別の要素をもたらしてくれる」と高く評価され、チームのプレーオフ進出に貢献した。

 これによってオフに再契約を締結。2年連続でブレイザーズのユニフォームを着ることが決定したが、来季は別の役割が与えられそうだ。

 チームはこのオフにトレードでヒューストン・ロケッツからロバート・コビントン、FAでマイアミ・ヒートからデリック・ジョーンズJr.を獲得し、完全FAのロドニー・フッドも引き留めて戦力アップに成功。さらにウイングのポジションに若手のゲイリー・トレントJr.、ナシール・リトルもいることから、来るシーズン、カーメロはベンチ起用になるという。
 
 ブレイザーズのゼネラルマネージャー、ニール・オルシェイは「メロ(カーメロ)は理解してくれている。おそらくベンチスタートになるだろう。スモールフォワードの先発はコビントンかデリック(ジョーンズJr.)だ。先発ではメロが打てるシュート数は多くないだろうが、セカンドユニットなら彼がオフェンスの中心になる機会が増えるからね」と語った。

 昨季のカーメロは58試合に先発出場し、平均15.4点、6.3リバウンド、1.5アシスト、プレーオフでは15.2点、5.0リバウンド、2.0アシストを記録。リラード、CJ・マッカラムに次ぐ3番手スコアラーとしての役割を担い、見事な復活を遂げた。

 ちなみにカーメロはキャリアで1122試合に出場しているが、ベンチ出場は18年に在籍したロケッツ(10試合で退団)での8試合のみとなっている。

 完全FAとなった今オフ、古巣ニックスへの復帰が噂されていたものの、ブレイザーズと再契約を結んだカーメロ。「このチームこそが最も自分に合っている」と語る元オールスターは、キャリア初のベンチ起用でどのような働きを見せるのか。36歳の新たな挑戦に注目が集まる。

構成●ダンクシュート編集部

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 
NEXT
PAGE
【動画】万能スコアラー、カーメロの過去5シーズンのベストプレー集!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング