専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

5000万ドルを蹴ってまで移籍を求めたハーデン。3000万ドル超えは2人とやや“控え目”な結果に【NBAサラリーランキング2021・SG編】

ダンクシュート編集部

2021.02.04

3000万ドル超えはハーデン(右)とトンプソン(左上)のみ。ただ来季にはビールとブッカー(左下)もその仲間入りを果たす予定だ。(C)Getty Images

3000万ドル超えはハーデン(右)とトンプソン(左上)のみ。ただ来季にはビールとブッカー(左下)もその仲間入りを果たす予定だ。(C)Getty Images

 2019-20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7899万円)と比べても、群を抜いた数字となっている。

 そんな“高給取り”が集まるNBAのなかでも、今季(2020-21シーズン)一番多くのサラリーを稼いでいる選手は誰なのか。この企画ではポジション別やチーム別、さらには時代別など、選手たちの“給料事情”を様々な角度から見ていきたいと思う。今回は“シューティングガード(SG)編”をお届けする。(チーム名はフランチャイズ部分省略。チーム名横の“全体○位”はリーグ全体における年俸順位。参照:HoopsHype)
 
■2020-21シーズン シューティングガード年俸ランキング
1位:ジェームズ・ハーデン(ネッツ/全体4位タイ)約4125万ドル/43億3195万円
2位:クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/全体10位)約3536万ドル/37億1340万円
3位:デビン・ブッカー(サンズ/全体28位タイ)約2948万ドル/30億9590万円
4位:CJ・マッカラム(ブレイザーズ/全体31位)約2935万ドル/30億8225万円
5位:ブラッドリー・ビール(ウィザーズ/全体32位タイ)約2875万ドル/30億1924万円
6位:デマー・デローザン(スパーズ/全体37位)約2774万ドル/29億1317万円
7位:バディ・ヒールド(キングス/全体45位)約2493万ドル/26億1807万円
8位:ジェイレン・ブラウン(セルティックス/全体47位)約2374万ドル/24億9313万円
9位:ヴィクター・オラディポ(ロケッツ/全体51位)約2100万ドル/22億536万円
10位:ギャリー・ハリス(ナゲッツ/全体53位)約1961万ドル/20億5938万円

 SGのトップに立ったハーデンが、今季開幕前にロケッツから提示された延長契約の内容は2年1億300万ドル。もし合意していれば5000万ドルプレーヤーの誕生となっていたが、それを拒否することで退団の意思を強く示し、ネッツへの電撃移籍へと相成った。
 
NEXT
PAGE
トップ10全員が3000万ドル超えのPGに対し、SGは2人のみ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング