専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

カリー、ポールら4人が4000万ドル超え!リラードは3年後に5000万ドルプレーヤーに【NBAサラリーランキング2021・PG編】

ダンクシュート編集部

2021.01.23

カリー(左)、ポール(右上)をはじめ4人のPGが4000万ドル以上のサラリーを手に。またリラード(右下)は2023-24シーズンに5000万ドルプレーヤーとなることが確定している。(C)Getty Images

カリー(左)、ポール(右上)をはじめ4人のPGが4000万ドル以上のサラリーを手に。またリラード(右下)は2023-24シーズンに5000万ドルプレーヤーとなることが確定している。(C)Getty Images

 2019-20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7899万円)と比べても、群を抜いた数字となっている。

 そんな“高給取り”が集まるNBAのなかでも、今季(2020-21シーズン)一番多くのサラリーを稼いでいる選手は誰なのか。この企画ではポジション別やチーム別、さらには時代別など、選手たちの“給料事情”を様々な角度から見ていきたいと思う。今回お届けするのは“ポイントガード(PG)編”だ。(チーム名はフランチャイズ部分省略。チーム名横の“全体○位”はリーグ全体における年俸順位。参照:HoopsHype)
 
■2020-21シーズン ポイントガード年俸ランキング
1位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ/全体1位)約4301万ドル/44億5977万円
2位タイ:クリス・ポール(サンズ/全体2位タイ)約4136万ドル/42億8868万円
2位タイ:ラッセル・ウエストブルック(ウィザーズ/全体2位タイ)約4136万ドル/42億8868万円
4位:ジョン・ウォール(ロケッツ/全体4位タイ)約4125万ドル/42億7727万円
5位:マイク・コンリー(ジャズ/全体11位)約3450万ドル/35億7735万円
6位:ケンバ・ウォーカー(セルティックス/全体12位タイ)約3438万ドル/35億6491万円
7位:カイリー・アービング(ネッツ/全体16位)約3346万ドル/34億6951万円
8位:デイミアン・リラード(ブレイザーズ/全体19位)約3163万ドル/32億7874万円
9位:ベン・シモンズ(シクサーズ/全体21位タイ)約3056万ドル/31億6782万円
10位:カイル・ラウリー(ラプターズ/全体23位)約3050万ドル/31億6160万円

 トップに立ったカリーが1年で稼ぎ出すサラリーは、日本円にしてなんと40億以上。2017年オフにスーパーMAX契約を結んだ第1号の選手となり、昨2019-20シーズンにはリーグ史上初の4000万ドルプレーヤーとなった。
 
NEXT
PAGE
カリーを含め4人の選手が4000万ドル超え

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング