専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

東京五輪女子バスケの組分けが決定!日本は“死のグループ”入り、同組で台風の目となりそうなのは〈DUNKSHOOT〉

小川由紀子

2021.02.08

昨年2月の予選でアメリカを苦しめたナイジェリアは、B組の台風の目となりそうだ。(C)Getty Images

昨年2月の予選でアメリカを苦しめたナイジェリアは、B組の台風の目となりそうだ。(C)Getty Images

 東京五輪バスケットボール競技のグループ分けが決定し、世界ランキング10位の日本女子代表は、同1位のアメリカ、5位のフランス、14位のナイジェリアと同じグループBに入った。

 オリンピック6連覇中のアメリカ、2019年のユーロバスケット銀メダリストのフランス、アフロバスケット2連覇と近年目覚ましい躍進を遂げているアフリカの女王ナイジェリア、そしてホスト国の我らが日本。この組み合わせは、まぎれもなく“死のグループ”だろう。ちなみにフランスとアメリカは、男子も同組とご縁がある。

 前大会までのフォーマットは、6チームずつの2組でグループリーグを戦い、上位4位ずつが準々決勝に進出するというものだったが、今大会では4チームずつの3組に分けることで、グループリーグが3試合に縮小された。オリンピックの前の6月にユーロバスケットが開催されることもあり、過密日程を考慮しての新形式だ。

 各グループの上位2チームは自動的に決勝トーナメント進出が決定し、成績が良い順に3位の2チームも勝ち抜けられるため、初戦から得失点差を意識して戦うことが重要になる。
 
 この抽選結果を受けて、アメリカ代表のドーン・ステイリー・ヘッドコーチ(HC)は「ナイジェリアは近年成長が目覚ましい。フランスも常にタフな対戦相手だ。そして日本のプレースタイルは、私たちが通常慣れ親しんでいるものとはまったく違う。その上ホスト国。表彰台の頂点に立つためには、毎戦、ベストチームに打ち勝っていく必要がある」とコメント。

 また、日本代表のトム・ホーバスHCは「アンダードッグとして挑むのは大歓迎だ」とFIBAの公式サイトに語り、続けてこう話した。

「私はチームに『アメリカだろうとオーストラリアだろうと、他のどの国の名前がユニフォームに書かれていようと関係ない。我々は勝ちにいく』と説いている」「(最終予選で)アメリカを苦しめたナイジェリアは厳しい相手だ。彼らはフィジカル能力が非常に高い。フランス戦もタフだし、アメリカは言うまでもない。厳しいグループだ」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング