専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「なぜ50番を着けているんだ?」ウェイドがゴードンに“禁断の質問”、そして見事なオチをつけたシャック<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.04.03

2020年のスラムダンク・コンテストで、ゴードン(右)の大技にウェイド(左)が不可解な判定をしたことにより、2人の間に因縁が生まれた。(C)Getty Images

2020年のスラムダンク・コンテストで、ゴードン(右)の大技にウェイド(左)が不可解な判定をしたことにより、2人の間に因縁が生まれた。(C)Getty Images

 4月1日、デンバー・ナゲッツはロサンゼルス・クリッパーズとの一戦に101-94で勝利。前半を62-49と13点リードで折り返すと、後半は一進一退の攻防が続いたなかでその点差を守り切り、ウエスタン・カンファレンスのライバルチーム相手に貴重な白星をあげた。

 この試合で存在感を発揮したのが、3月25日のトレード・デッドライン当日にナゲッツへ加入したアーロン・ゴードンだ。先発出場した25歳のフォワードは、チーム最多の38分43秒コートに立ち、14得点、5リバウンド、6アシスト、3スティール、2ブロックと攻守にオールラウンドな活躍を披露。これでトレード期限日以降のナゲッツは4戦負けなし(うちゴードンは3試合に出場)となっており、ゴードン獲得がチームに好影響を与えたのは間違いない。
 
 この試合直後、アリーナから中継で『NBA on TNT』に出演したゴードンは、スタジオにいたある“因縁の相手”と顔を合わせることに。その男の名はドゥエイン・ウェイド。かつてマイアミ・ヒートなどで活躍し、現在は同番組内でアナリストを務めるレジェンドだ。

 2人の間に因縁が勃発したのは、2020年のスラムダンク・コンテスト決勝。デリック・ジョーンズJr.(当時ヒート/現ポートランド・トレイルブレザーズ)とゴードンが次々と50点満点の大技を繰り出し、タイブレークに突入して迎えた決勝4本目に起きた。

 先攻のジョーンズJr.のダンクが48点に終わった後、ゴードンが披露したのは、身長226cmのタコ・フォール(ボストン・セルティックス)を飛び越えて叩き込んだ“巨人越えダンク”。会場は大歓声に包まれ、誰もがゴードンの初優勝を確信したものの、結果はウェイドを含む3人の審査員が9点をつけ、まさかの47点止まり。一転して会場からはブーイングが起こり、ゴードンは王座を逃すこととなった。

 この結果については、当時から様々な噂や憶測が流れたが、疑惑の目を向けられたのがウェイドだった。この時の審査員の1人だったラッパーのコモンが「本来なら(ジョーンズJr.と)同点にする予定だったが、誰かが正しくやらなかった。それが誰かはわからないけどね」と発言したが、その点数調整を予定通り行なわなかったのが、ヒート出身のジョーンズJr.を勝たせようとしたウェイドだった、と噂されたのだ。
 
NEXT
PAGE
ウェイドからゴードンへ“禁断の質問”、そしてオチをつけたシャック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング