専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

シャック、シモンズ、マラビッチ…ルイジアナ州大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.07.09

シャック(左)やシモンズ(右)など個性的なスター選手を輩出してきたルイジアナ州大の歴代最強メンバーとは。(C)Getty Images

シャック(左)やシモンズ(右)など個性的なスター選手を輩出してきたルイジアナ州大の歴代最強メンバーとは。(C)Getty Images

 1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。

 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メンバーを選出した場合、どんな顔ぶれになるのか。『THE DIGEST』では、双方に精通する識者に依頼し、各大学のベストメンバーを選んでもらった。

 今回はルイジアナ州大編をお届け。現役では2016年ドラフト1位のベン・シモンズが有名だが、過去にはピート・マラビッチやシャキール・オニールといったNBA史に残るレジェンドも輩出している。はたしてどのような布陣が出来上がったのだろうか。
 
【ポイントガード】
ベン・シモンズ
1996年7月20日生。211cm・109kg
カレッジ成績:33試合、平均19.2点、11.8リバウンド、4.8アシスト
NBA成績:275試合、平均15.9点、8.1リバウンド、7.7アシスト

 ルイジアナ州大(LSU)出身者には異色のスキルを持つ選手が少なくないが、シモンズも「身長211cmのポイントガード」という相当の変わり種だ。父のデーブがプロ選手としてプレーしていたオーストラリアに生まれ、LSUに入学した2015-16シーズンは平均得点・リバウンド・アシスト・スティールですべてカンファレンス5位以内。同年のドラフトでは、シャキール・オニール以来LSUでは24年ぶりの1位指名で、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団した。

 1年目は足の故障で全休したものの、復帰した17-18シーズンは新人王を受賞。翌19年から3年連続でオールスターに選ばれ、19-20シーズンの平均2.09スティールはリーグ1位だった。しかしながらロングジャンパーという最大の弱点は一向に改善されず、3ポイントはキャリア4年間で成功5本のみ。フリースロー成功率も通算60%に届かないとあって、20・21年に2年連続でオールディフェンシブ1stチーム入りした守備力をもってしても、批判をかわせずにいる。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング