専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「見事にチームを導いた」バックスのレジェンドOBがアデトクンボを称賛!リーグ唯一の対抗馬にも言及<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.07.23

バックス初優勝時のレジェンド、ロバートソン(左)が、50年ぶりの頂点に導いたアデトクンボ(右)に賛辞を贈った。(C)Getty Images

バックス初優勝時のレジェンド、ロバートソン(左)が、50年ぶりの頂点に導いたアデトクンボ(右)に賛辞を贈った。(C)Getty Images

 1971年以来50年ぶりのNBAチャンピオンとなったミルウォーキー・バックスが7月22日(日本時間23日)、ウィスコンシン州ミルウォーキーで優勝パレードを行なった。

 フェニックス・サンズとのシリーズで平均35.2点(フィールドゴール成功率61.8%)、13.2リバウンド、5.0アシスト、1.17スティール、1.83ブロックを記録し、ファイナルMVPに輝いたヤニス・アデトクンボは「ミルウォーキー、俺たちはやったぜ! 優勝したんだ! ここが俺たちの街なんだ。もう最高さ」と興奮を隠さず、ファンと喜びを分かち合った。

 クリス・ミドルトン、ドリュー・ホリデーという主軸に加え、ブルック・ロペスやPJ・タッカー、ボビー・ポーティス、パット・カナトンといったサポーティングキャストの働きはもちろんのことながら、半世紀ぶりの優勝はギリシャが誇る規格外の万能戦士なしにはあり得なかったと言っていい。

 前回の優勝時にカリーム・アブドゥル・ジャバーとともにバックスを牽引したオスカー・ロバートソンは22日に『SiriusXM NBA Radio』へ出演した際、アデトクンボの活躍ぶりをこのように評していた。
 
「相手がヤニスを避けられなかったことをとても嬉しく思う。2、3点のビハインドを背負っている時、サンズは彼についていったが、彼は見事にチームを導いた。彼はそうした(試合終盤の緊迫した)場面でショットを決めた。私はこれまで、彼がそういったショットをあそこまで決めたのを見たことがなかった」

 サンズはアデトクンボに対してジェイ・クラウダー、ディアンドレ・エイトン、キャメロン・ジョンソン、フランク・カミンスキーといった選手たちをガードさせた。‟ヤニス・ウォール”と呼ばれた壁を複数の選手が作ってリング下への侵入を防ぎ、タフショットへと仕向け、ミスショットやターンオーバーを誘発する場面もあった。

 だがシリーズが進むにつれて、アデトクンボは近距離~ミドルレンジからソフトタッチのジャンパーを繰り出し、これが効果的に決まった。3ポイントはシリーズ平均20.0%(3/15)、フリースローも第5戦まで成功率わずか59.1%(39/66)と低調だったものの、第6戦では89.5%(17/19)で決め切り、サンズの追撃を振り切ったのである。
 
NEXT
PAGE
「ヤニスをガードできるサイズを持ち、正当なチャンスがあるのは…」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング