専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

NBA“ベストシューターチーム”を選定!カリー、アレンら名手に加え、センターには現役ビッグマンの名も<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.12.24

NBAの3ポイント成功ランキングでトップ3に名を連ねているカリー(右)、アレン(左上)、ミラー(左下)。(C)Getty Images

NBAの3ポイント成功ランキングでトップ3に名を連ねているカリー(右)、アレン(左上)、ミラー(左下)。(C)Getty Images

 近年のバスケットボールにおいて、3ポイントシュートの重要性はかつてないほど高まっている。NBAで1979-80シーズンに初めて採用された当時は、どのチームも1試合に3~5本放って1、2本決まるか程度だったのが、今では平均試投数は30本、成功数も10本を優に超える。

 では、80年代以降のNBA全選手を対象に、ポジション別に最強シューターを選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの“ベストシューターチーム”を選んでもらった。
 
【ポイントガード】
ステフィン・カリー

1988年3月14日生。188cm・84kg
RS成績:792試合、平均24.3点、3ポイント成功2994本/成功率43.1%
PO成績:112試合、平均26.5点、3ポイント成功470本/成功率40.1%
※RS=レギュラーシーズン、PO=プレーオフ

 先頃、レギュラーシーズンにおける通算3ポイント成功数の新記録(2974本)を更新。3000本も目前に迫っている史上最高のロングシューターであり、NBAに3ポイント全盛時代をもたらした革命児だ。

「ハーフラインをまたいだら、そこからもうシュートレンジだからね。ほかの選手じゃ練習でも無理なシュートを苦もなく決めてくる」(ダーク・ノビツキー)。2012-13シーズンに当時の新記録となる272本を決めると、2年後には286本、そして続く15-16シーズンには一気に402本まで数字を伸ばした。

 プレーオフでの通算470本、ファイナルでの121本も歴代1位。15、16年に2年連続MVP、昨季は自己最多の平均32.0点で5年ぶり2度目の得点王に輝いたが、3ポイント成功率はリーグ3位以内が5度あるものの一度もトップに立っていないのが意外すぎるほどだ。

「ロングシュート一家」の血筋で、父デルは1998-99シーズンの3ポイント成功率リーダー、弟セスが通算成功率で史上3位(44.0%)の名手であるだけでなく、母ソーニャもイベントでハーフコートから命中させたことがある。
 
NEXT
PAGE
名シューターがひしめくSGで先発に選んだのは…

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング