専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>

出野哲也

2022.03.04

NBAの歴代ドラフト1位指名には、現役のレブロン(左)を筆頭に、名だたるスーパースターが名を連ねている。(C)Getty Images

NBAの歴代ドラフト1位指名には、現役のレブロン(左)を筆頭に、名だたるスーパースターが名を連ねている。(C)Getty Images

 1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。

 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。今回『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの歴代ベスト“ドラ1チーム”を選んでもらった。

【ポイントガード】
マジック・ジョンソン

1959年8月14日生。206cm・98kg
1979年ドラフト1位
キャリアスタッツ:906試合、平均19.5点、7.2リバウンド、11.2アシスト

 1965年まで、NBAのドラフトにはテリトリアル・ピック(地域指名)という制度があった。リーグ全体の人気を高めるため、出身地・出身校などが本拠地にゆかりのある選手を優先的に指名できるものである。

 そのため65年以前のドラフトは1位より前に数人が指名されている場合があったので、今回の選定は66年以降を対象とする。ただ、いずれにしても、1位指名で最高のPGがマジックであるのは変わりない。

 身長206cmとビッグマン級の体格ながら、天才的なパスセンスによってミシガン州大を79年のNCAAトーナメント制覇に導くと、同年のドラフト1位でロサンゼルス・レイカーズに入団。1年目からチームの中核を担っただけでなく、優勝の原動力となりファイナルMVPに輝いた。

 その後もノールックパスなど魅せるプレーで“ショータイム・レイカーズ”を牽引し、レギュラーシーズンとファイナルのMVPを3回ずつ受賞。HIVウイルス感染により31歳で引退(その後1年のみ復帰)したので通算1万141アシストは歴代6位にとどまっているが、平均11.2本は堂々の1位に君臨している。
 
【シューティングガード】
アレン・アイバーソン

1975年6月7日生。183cm・75kg
1996年ドラフト1位
キャリアスタッツ:914試合、平均26.7点、3.7リバウンド、6.2アシスト

 かつてのNBAはビッグマン主体のバスケットボールを展開していたこともあり、ドラフト1位で指名されるのは長身のパワーフォワード/センターの選手が多かった。79年のマジックを最後にガードの1位指名は長らく絶えていたが、96年に17年ぶりのガードの選手として、ジョージタウン大のアイバーソンがフィラデルフィア・76ersから指名された。

 身長183cmは76年のジョン・ルーカス(191cm)を下回る、最も背の低いナンバーワンピックだった。だがそのようなハンディキャップをものともせず、持ち前の敏捷さとドリブルスキル、そして不屈の闘志によって得点を量産。1年目は平均23.5点をあげて新人王、PGからSGへ移った3年目の1998-99シーズンに初めて得点王となると、以後3回(計4回)タイトルを獲得した。

 2001年には平均31.1点、2.51スティールと両部門でリーグ1位、さらにシクサーズをファイナルまで導いてMVPに選出された。平均出場時間で7回もリーグ1位になったように、小柄な体格からは想像もつかないほどの体力の持ち主でもあった。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング